季語・歳時記

【春の季語】日永

【春の季語=三春(2月〜4月)】日永

晩冬には「日脚伸ぶ」という季語があるが、春となって「春分」を過ぎると、いよいよ日が長くなったと感じられる。やわらかな「春風」の吹く日は、「うららか」で「のどか」で「あたたか」である。

永き日」や「永日」として季語で使われることもある。

歳時記のネットワークにおいては、夏の「短夜」、秋の「夜長」、冬の「短日」に対応する季語でもある。


【日永(上五)】

【日永(中七)】
さざなみの日永近江に薬売 鷲谷七菜子
ちとけて日永の膝をくづしけり 鈴木真砂女

【日永(下五)】
門下にも門下のありし日永かな 久保田万太郎
鉛筆を削りためたる日永かな 久保田万太郎
マンボウに水槽狭き日永かな 渡辺玄舟
羊羹の傷一つなき日永かな 河内静魚
地獄絵のほのほ人のむ日永かな 小川軽舟
先頭へ車輛のなかをゆく日永 小池康生
なで肩のペンギン並ぶ日永かな 飯田冬眞
ばらばらの向きにペンギン立つ日永 岡田由季
大学に食堂のある日永かな 宮本佳世乃
廃れたる城に鳥とぶ日永かな 藤本夕衣
ペリカンがよろめいている日永です 藤田哲史

【ほかの季語と】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】火事
  2. 【夏の季語】向日葵
  3. 【夏の季語】虹
  4. 【春の季語】雲雀
  5. 【冬の季語】ストーブ
  6. 【秋の季語】秋思
  7. 【春の季語】葱の花
  8. 【夏の季語】水中花/酒中花

おすすめ記事

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. 【春の季語】旧正
  4. 【春の季語】沈丁花
  5. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  6. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  7. 菊人形たましひのなき匂かな 渡辺水巴【季語=菊人形(秋)】
  8. 【冬の季語】冬の月
  9. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  10. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】

Pickup記事

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  2. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第39回】石井隆司
  4. 野の落暉八方へ裂け 戰爭か 楠本憲吉
  5. 【冬の季語】冬蝶
  6. 橡の実のつぶて颪や豊前坊 杉田久女【季語=橡の実(秋)】
  7. 「ハイブリッド句会」の勧め!
  8. 【冬の季語】裸木
  9. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
  10. 【冬の季語】梟
PAGE TOP