冬の季語

【冬の季語】聖夜劇

【冬の季語=仲冬(12月)】聖夜劇

【ミニ解説】

クリスマス・イブに行なわれる劇のこと。


【聖夜劇(上五)】
聖夜劇牢名主のごと半跏して 巌谷小波
聖夜劇の幼基督(クリスト・キント)しゃっくりこ 中村草田男
聖夜劇終へし天使が母探す 遠藤若狭男

【聖夜劇(中七)】

【聖夜劇(下五)】
後列はみな翼負ひ聖夜劇 望月周
出遅れし賢者の転ぶ聖夜劇 矢野玲奈
アダムよりエヴァの背高し聖夜劇 渡部有紀子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草の花
  2. 【秋の季語】茘枝 / 苦瓜・ゴーヤー
  3. 【新年の季語】小豆粥
  4. 【秋の季語】鴨来る
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【春の季語】朧夜
  7. 【夏の季語】涼しさ
  8. 【秋の季語】松茸

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】末枯
  2. 【書評】菅敦 第1句集『仮寓』(書肆アルス、2020年)
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【7】/中島凌雲(「銀漢」同人)
  4. 血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は 中原道夫【季語=絨毯(冬)】
  5. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  6. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  7. 【秋の季語】馬鈴薯/馬鈴薯 ばれいしよ
  8. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  9. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  10. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  2. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
  3. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  4. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  6. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  7. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  8. 高梁折れて頬を打つあり鶉追ふ      三溝沙美【季語=鶉(秋)】
  9. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
PAGE TOP