冬の季語

【冬の季語】聖夜劇

【冬の季語=仲冬(12月)】聖夜劇

【ミニ解説】

クリスマス・イブに行なわれる劇のこと。


【聖夜劇(上五)】
聖夜劇牢名主のごと半跏して 巌谷小波
聖夜劇の幼基督(クリスト・キント)しゃっくりこ 中村草田男
聖夜劇終へし天使が母探す 遠藤若狭男

【聖夜劇(中七)】

【聖夜劇(下五)】
後列はみな翼負ひ聖夜劇 望月周
出遅れし賢者の転ぶ聖夜劇 矢野玲奈
アダムよりエヴァの背高し聖夜劇 渡部有紀子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】子猫
  2. 【春の季語】初蝶
  3. 【春の季語】蝶生る
  4. 【秋の季語】秋草
  5. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  6. 【冬の季語】冬の猫
  7. 【秋の季語】末枯る
  8. 【冬の季語】追儺

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  2. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  5. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  6. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  7. 嫁がねば長き青春青蜜柑 大橋敦子【季語=青蜜柑(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第41回】 赤城山と水原秋櫻子
  9. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】
  10. 【冬の季語】探梅行

Pickup記事

  1. 【冬の季語】炬燵
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  3. 【冬の季語】凍る
  4. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】
  5. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  6. ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子【季語=野菊(秋)】
  7. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  8. 【#33】台北市の迪化街
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  10. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
PAGE TOP