季語・歳時記

【春の季語】三月

【春の季語=仲春(3月)】三月 

新暦の3月には「啓蟄」(3月5日、6日ごろ)や「春分」(3月20日、21日ごろ)が含まれる。

地域によっては「」も咲き始め、「」が舞い始め、「」が歩きはじめ、いよいよ「春めいて」くるころ。「卒業」のシーズンでもある。

歴史的仮名遣いだと「さんぐわつ」となる。


【三月(上五)】
三月の又うつくしきカレンダー 下田実花
三月やモナリザを賣る石畳 秋元不死男
さんぐわつは忌の多き月葉の雫 八田木枯
三月の甘納豆のうふふふふ 坪内稔典
三月のお尻にさはる痴漢とは 筑紫磐井
三月は人の高さに歩み来る 榎本好宏
三月のひかりの色のメロンパン 金子敦

【三月(中七)】
残り餅焼く三月のくらき炉火 能村登四郎
待てば来る三月も又幸せも 川口咲子
母子犬之図と三月の硝子戸と 山西雅子

【三月(下五)】
人棲まぬ山から昏れて三月は 茨木和生




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】豆撒
  2. 【冬の季語】梟
  3. 【春の季語】朧月
  4. 【冬の季語】春を待つ
  5. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  6. 【冬の季語】聖夜
  7. 【冬の季語】年忘れ
  8. 【春の季語】鴨引く

おすすめ記事

  1. 秋冷やチーズに皮膚のやうなもの 小野あらた【季語=秋冷(秋)】
  2. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 【#33】台北市の迪化街
  4. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  5. 【冬の季語】冬の日
  6. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  7. 【書評】三島広志 第1句集『天職』(角川書店、2020年)
  8. 【冬の季語】蓮根
  9. 【新年の季語】元旦
  10. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】

Pickup記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年3月分】
  2. 愛かなしつめたき目玉舐めたれば 榮猿丸【季語=冷たし(冬)】
  3. 【冬の季語】春待つ
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  6. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  7. 【#29】スマッシング・パンプキンズと1990年代
  8. 【春の季語】春寒
  9. 自愛の卓ポテトチップは冬のうろこ 鈴木明【季語=冬(冬)】
  10. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
PAGE TOP