季語・歳時記

【春の季語】三月

【春の季語=仲春(3月)】三月 

新暦の3月には「啓蟄」(3月5日、6日ごろ)や「春分」(3月20日、21日ごろ)が含まれる。

地域によっては「」も咲き始め、「」が舞い始め、「」が歩きはじめ、いよいよ「春めいて」くるころ。「卒業」のシーズンでもある。

歴史的仮名遣いだと「さんぐわつ」となる。


【三月(上五)】
三月の又うつくしきカレンダー 下田実花
三月やモナリザを賣る石畳 秋元不死男
三月の旅の支度にパスポート 千原草之
さんぐわつは忌の多き月葉の雫 八田木枯
三月の甘納豆のうふふふふ 坪内稔典
三月のお尻にさはる痴漢とは 筑紫磐井
三月は人の高さに歩み来る 榎本好宏
三月のひかりの色のメロンパン 金子敦

【三月(中七)】
残り餅焼く三月のくらき炉火 能村登四郎
待てば来る三月も又幸せも 川口咲子
母子犬之図と三月の硝子戸と 山西雅子

【三月(下五)】
人棲まぬ山から昏れて三月は 茨木和生




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  2. 【春の季語】雲雀
  3. 【春の季語】啓蟄
  4. 【夏の季語】蝸牛
  5. 【春の季語】梅二月
  6. 【冬の季語】冬の水
  7. 【冬の季語】風花
  8. 【冬の季語】悴む

おすすめ記事

  1. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  2. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  3. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  4. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  5. 【春の季語】引鴨
  6. 【春の季語】雁帰る
  7. 【夏の季語】風鈴
  8. わが影を泉へおとし掬ひけり 木本隆行【季語=泉(夏)】
  9. にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子【季語=にんじん(冬)】
  10. 【春の季語】余寒

Pickup記事

  1. 【春の季語】菜の花
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年9月分】
  3. 影ひとつくださいといふ雪女 恩田侑布子【季語=雪女(冬)】
  4. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  5. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  6. 棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌 秋元不死男【季語=青峰忌(夏)】
  7. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  8. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  9. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  10. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
PAGE TOP