冬の季語

【冬の季語】クリスマス

【冬の季語=仲冬(12月)】クリスマス

【ミニ解説】

イエス・キリストの降誕を記念する祭で、一般には降誕祭、降誕日、聖誕祭、ノエルなどとも呼ばれるが、俳句では「聖夜」と言われることが多い。「クリスマス」という英語は「キリスト(Christ)のミサ(mass)」という意味に由来する。

日本でクリスマスが受け入れられたのは、1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出し、その頃からクリスマス商戦が始まったことが大きな契機であったとされる。

クリスマスカード」を送ったり、「クリスマスツリー」を飾ったり、「クリスマスケーキ」を食べたりする。


【クリスマス(上五)】
クリスマス魔の宴とは知らずけり 久保田万太郎
クリスマス馬小屋ありて馬が住む 西東三鬼
クリスマス妻のかなしみいつしか持ち 桂 信子
クリスマス昔煙突多かりし 島村 正
クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎
クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二
クリスマスとは静けさの中にこそ 稲畑汀子

【クリスマス(中七)】

【クリスマス(下五)】
悲しみの灯もまじる街クリスマス 堀口星眠
へろへろとワンタンすするクリスマス 秋元不死男
みづうみに雪のちらつくクリスマス 今井杏太郎
東京を歩いてメリークリスマス 今井杏太郎
刻かけて海を来る闇クリスマス 藤田湘子
絵硝子の羊まどろむクリスマス 大島民郎
薔薇型のバターを崩すクリスマス 花谷和子
生まれたる子犬の真白クリスマス 牛田修嗣
硝子戸に小さき手の跡クリスマス 大倉恵子
三越の獅子も老いたりクリスマス 増尾信枝
オルガンの鞴の漏れしクリスマス 正木ゆう子
舌しまひ忘れて猫やクリスマス 正木ゆう子
犬の尾のふさふさとしてクリスマス 石田郷子
鳩とガスタンクもうすぐクリスマス 上田信治
東京が瞬いてゐるクリスマス 茅根知子
犬の眉生まれてきたるクリスマス 岡田由季
定食で生きる男のクリスマス  中嶋いづる
ペンギンのネクタイ揃うクリスマス 曽我喜代
ペンギンと空を見ていたクリスマス 塩見恵介
犬の脚人間の脚クリスマス  神野紗希


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  2. 【夏の季語】桐の花
  3. 【冬の季語】日短
  4. 【秋の季語】穴惑
  5. 【夏の季語】緑蔭
  6. 【冬の季語】十二月
  7. 【冬の季語】暮早し
  8. 【春の季語】流氷

おすすめ記事

  1. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  2. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  3. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第2回】
  4. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  5. 【冬の季語】大年
  6. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  7. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】
  8. 【夏の季語】夜の秋
  9. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  10. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

Pickup記事

  1. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  2. 【秋の季語】秋の風
  3. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  4. 【書評】松本実穂 第1歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  5. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】
  7. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  9. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  10. 秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人【季語=秋草(秋)】
PAGE TOP