冬の季語

【冬の季語】枯蓮

【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯蓮(かれはす・かれはちす)

晩夏に咲きほこる「」も冬になると枯れ落ちてしまいます。折れ曲がり、また骨のように突っ立ち、泥水にうずくまる蓮の姿に俳人は種々の思いを託してきました。「はちす」は古名です。

蓮枯る」と動詞的に使うこともあります。


【枯蓮(上五)】
枯蓮や鯉を丸煮の志那料理 野村喜舟
枯蓮や田毎田ごとの空暮れて 水原秋櫻子
蓮枯れて支へなき日がしたたれり 藤田湘子
枯蓮をうつす水さへなかりけり 安住敦
枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼 
枯蓮のうごくときなどあるものか 飯島晴子
蓮枯れてなほ水面を支配せり 御中虫
枯蓮の上に星座の組まれけり 村上鞆彦

【枯蓮(中七)】
湖の枯蓮風に賑かに 高野素十
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石
杖ついて水の枯蓮歳をとる 竹鼻瑠璃男

【枯蓮(下五)】
おもしろうなりゆくところ枯蓮 山尾玉藻
いつさいは天上にあり枯蓮 浦川聡子

【その他】
蓮十里尽く枯れてしまひけり 正岡子規
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】十六夜
  2. 【冬の季語】雪掻
  3. 【新年の季語】獅子頭
  4. 【春の季語】蝶生る
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. 【冬の季語】冬木立
  7. 【冬の季語】逝く年(行く年)
  8. 【秋の季語】朝顔

おすすめ記事

  1. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  2. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  3. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦
  5. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  6. 【冬の季語】八手の花
  7. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  8. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春)】
  9. 菜の花やはつとあかるき町はつれ 正岡子規【季語=菜の花(春)】
  10. 【冬の季語】冬の水

Pickup記事

  1. 【春の季語】蜷
  2. シゴハイ【第4回】中井汰浪(「浪乃音酒造」蔵元)
  3. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年10月分】
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第3回】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  7. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  8. 衣被我のみ古りし夫婦箸 西村和子【季語=衣被(秋)】
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
PAGE TOP