冬の季語

【冬の季語】枯蓮

【冬の季語=三冬(11〜1月)】枯蓮(かれはす・かれはちす)

晩夏に咲きほこる「」も冬になると枯れ落ちてしまいます。折れ曲がり、また骨のように突っ立ち、泥水にうずくまる蓮の姿に俳人は種々の思いを託してきました。「はちす」は古名です。

蓮枯る」と動詞的に使うこともあります。


【枯蓮(上五)】
枯蓮や鯉を丸煮の志那料理 野村喜舟
枯蓮や田毎田ごとの空暮れて 水原秋櫻子
蓮枯れて支へなき日がしたたれり 藤田湘子
枯蓮をうつす水さへなかりけり 安住敦
枯蓮のうごく時きてみなうごく 西東三鬼 
枯蓮のうごくときなどあるものか 飯島晴子
蓮枯れてなほ水面を支配せり 御中虫
枯蓮の上に星座の組まれけり 村上鞆彦

【枯蓮(中七)】
湖の枯蓮風に賑かに 高野素十
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石
杖ついて水の枯蓮歳をとる 竹鼻瑠璃男

【枯蓮(下五)】
おもしろうなりゆくところ枯蓮 山尾玉藻
いつさいは天上にあり枯蓮 浦川聡子

【その他】
蓮十里尽く枯れてしまひけり 正岡子規
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】雲の峰
  2. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  3. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  4. 【秋の季語】秋の蛇
  5. 【秋の季語】八月
  6. 【冬の季語】梅早し
  7. 【冬の季語】冬の谷
  8. 【冬の季語】春待つ

おすすめ記事

  1. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  2. 【冬の季語】寒い
  3. 【春の季語】冴返る
  4. 【春の季語】菜種梅雨
  5. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  6. 【新年の季語】小正月
  7. 【新年の季語】嫁が君
  8. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  9. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  10. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子

Pickup記事

  1. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  2. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  3. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  4. 【夏の季語】薔薇
  5. 【冬の季語】冬の日
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第100回】伊藤政三
  7. 【春の季語】蛇穴を出る
  8. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  9. オリヲンの真下春立つ雪の宿 前田普羅【季語=春立つ(春)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第55回】小川洋
PAGE TOP