季語・歳時記

【春の季語】雛

【春の季語=仲春(3月)】雛

雛人形」のこと。

二音で「ひな」とも、三音で「ひひな」とも読むことができる。


【雛(上五)】
雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子
雛の灯を消して一日終りたる 深見けん二
雛の菓子紐ゆるきまま手に下げて 稲畑汀子
雛の間を灯したるより座談会 稲畑汀子
雛の日の日ざしに零れ松の塵 山尾玉藻
吊し雛ひとつひとつを灯にくるみ 上田日差子
雛出して今日といふ日の終はりけり 甲斐由起子

【雛(中七)】
九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子
たれも居ぬ雛の部屋の開いてゐる 辻桃子

【雛(下五)】
誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子
きぬぎぬのうれひがほある雛かな 加藤三七子
京焼の袖ぽつてりと陶の雛 大石悦子
どの蔵も川に開かれ雛の日 榎本好宏
口あけて見上ぐおほきな雛のかほ 鴇田智哉
空を飛ぶ這ひ児人形つるし雛 白石渕路


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】ラベンダー
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 【秋の季語】赤い羽根
  4. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  5. 【夏の季語】朝顔市
  6. 【春の季語】初東風
  7. 【春の季語】蜷
  8. 【冬の季語】冬桜

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  2. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  3. 【#31】ヴィヴィアン・ウエストウッドとアーガイル柄の服
  4. 日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖【季語=日記買ふ(冬)】
  5. 春山もこめて温泉の国造り 高濱虚子【季語=春山(春)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」カオマンガイ
  7. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  8. 行く春や鳥啼き魚の目は泪 芭蕉【季語=行く春(春)】
  9. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし

Pickup記事

  1. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  2. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  3. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  4. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  5. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  7. 空のいろ水のいろ蝦夷延胡索 斎藤信義【季語=蝦夷延胡索(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第22回】村上鞆彦
  9. 【新年の季語】左義長
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
PAGE TOP