季語・歳時記

【春の季語】雛

【春の季語=仲春(3月)】雛

雛人形」のこと。

二音で「ひな」とも、三音で「ひひな」とも読むことができる。


【雛(上五)】
雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子
雛の灯を消して一日終りたる 深見けん二
雛の菓子紐ゆるきまま手に下げて 稲畑汀子
雛の間を灯したるより座談会 稲畑汀子
雛の日の日ざしに零れ松の塵 山尾玉藻
吊し雛ひとつひとつを灯にくるみ 上田日差子
雛出して今日といふ日の終はりけり 甲斐由起子

【雛(中七)】
九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ 森田愛子
たれも居ぬ雛の部屋の開いてゐる 辻桃子

【雛(下五)】
誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子
きぬぎぬのうれひがほある雛かな 加藤三七子
京焼の袖ぽつてりと陶の雛 大石悦子
どの蔵も川に開かれ雛の日 榎本好宏
口あけて見上ぐおほきな雛のかほ 鴇田智哉
空を飛ぶ這ひ児人形つるし雛 白石渕路


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】手袋
  2. 【新年の季語】繭玉
  3. 【新年の季語】松飾
  4. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  5. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  6. 【夏の季語】夜の秋
  7. 【春の季語】鳥の妻恋
  8. 【冬の季語】冬に入る

おすすめ記事

  1. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  2. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  3. 【新年の季語】松納
  4. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  5. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  6. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  7. 鬼灯市雷門で落合うて 田中松陽子【季語=鬼灯市(夏)】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年5月分】
  9. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  10. 枇杷の花ふつうの未来だといいな 越智友亮【季語=枇杷の花(冬)】

Pickup記事

  1. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  2. 【冬の季語】冬木立
  3. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  4. ピーマンの中の空気は忘れもの 能村研三【季語=ピーマン(夏)】
  5. 【都道府県別の俳句】
  6. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  7. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  8. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  9. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  10. 【新年の季語】初旅
PAGE TOP