季語・歳時記

【春の季語】野遊

【春の季語=晩春(4月)】野遊

野に出て遊ぶこと。

ピクニックをしたり、スポーツをしたり、草を摘んだりするなど、陽光を満喫するのも春のよろこびのひとつである。

季語としては「野遊び」と「び」を送ることもあり、また「野に遊ぶ」と動詞として用いることもある。

類題としては「踏青」や「青き踏む」がある。


【野遊(上五)】
野遊びや肱つく草の日の匂ひ 大須賀乙字
野遊びの皆伏し彼等兵たりき 西東三鬼
野遊か塔婆かついでぞろりぞろり 平畑静塔
野遊びの跳んで小橋を省きけり 鷹羽狩行
野遊のついでを詫びて父母の墓 長谷川明子
野遊びの児の尻花粉まみれなる 江里昭彦
野遊びや声のつぶてを吾子に投げ 上田日差子

【野遊(中七)】
墓に来てこれも野遊びかと思ふ  星野麥丘人
墓訪うて野遊めくを容されよ 岡本眸
大佛殿見ゆる野遊び終りけり 藤田湘子
書を繰りて野遊びの夜の指粗し 山田弘子

【野遊(下五)】
六朝の赤馬鞍おけば野遊に 山口青邨

【ほかの季語と】
磯遊び野遊び一つ太陽に 鷹羽狩行


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】寒夕焼
  2. 【新年の季語】小豆粥
  3. 【冬の季語】綿虫
  4. 【春の季語】鰊
  5. 【秋の季語】椎茸
  6. 【夏の季語】夏の月
  7. 【冬の季語】梅早し
  8. 【冬の季語】冬薔薇

おすすめ記事

  1. 【春の季語】鴨帰る
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  3. 【冬の季語】おでん
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  5. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  8. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  9. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  10. 【秋の季語】芭蕉/芭蕉葉、芭蕉林

Pickup記事

  1. 【冬の季語】小春
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第63回】三輪初子
  3. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  4. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  5. 【春の季語】春の泥
  6. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  8. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  9. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  10. 【春の季語】惜春
PAGE TOP