ハイクノミカタ

からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】


からたちの花のほそみち金魚売

後藤夜半


見たことがない景でも、懐かしく思うということはある。私はこの句のような景を実際に見たことがないし、幼少期を振り返っても親しさを覚えるような経験をしたことはない。けれども、どこか懐かしく感じてしまう。

白秋作詞の「からたちの花」という唱歌のイメージも、読み味の懐かしさを手伝っているかもしれない。また、「ほそみち」という場所、「金魚売」というなかなか見かけなくなった存在も懐かしさの領分にあるのかもしれない。

季語の中には、もうすでに失われたものや失われつつあるものが多くある。「金魚売」も今日そうそう見かけるものではないだろう。ただ、季語という語彙の体形を「古さ」として挙げて批判するのは容易く、そしてまた、そうした批判は大したものにならない。

むしろ私が読んで辟易してしまう「古さ」は、そんな語彙の次元ではなく、自分がすでに知っている実感や感覚の再現を目的にする詩の持ってしまう「古さ」である。読者の過去の体験や感情を引っ張り出し、「まさに◯◯とはこういうことだよな」とか「言われてみれば確かにそうだ」とか、「共感」とか「発見」とかで語られ、またそういうところを目的とする詩。そういう詩が目的とするのは「再現」であるため、表現の根拠は過去に置かれることとなる(※1)。そういう「古さ」は読み慣れてしまって、もうすっかり退屈してしまう。

もうすでに失われたものや失われつつあるものを指す語の「古さ」を論って、そのあたりで足踏みを続けていても仕方がない。

そんなことよりも注視すべきは、そういう語を用いているのに、「再現」のように表現の根拠を過去に置くのではなく、時に予言的であったり、時に過去から未来へという直線的な時間から離れようとしたりする、そんな詩が生まれ得るという点にある。そしてまた、そんな詩が、過去とは違う懐かしさを漂わせている場合があり、これは殊更興味深い。

※1 渡邊十絲子『今を生きるための現代詩』(講談社現代新書・2013)、穂村弘『短歌の友人』(河出文庫・2011)参照。

安里琉太



渡邊十絲子『今を生きるための現代詩』(講談社現代新書・2013)

穂村弘『短歌の友人』(河出文庫・2011)


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔42〕雲の中瀧かゞやきて音もなし   山口青邨
>>〔41〕又の名のゆうれい草と遊びけり  後藤夜半
>>〔40〕くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明
>>〔39〕水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫
>>〔38〕ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
>>〔37〕無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子
>>〔36〕麦よ死は黄一色と思いこむ    宇多喜代子
>>〔35〕馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
>>〔34〕黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
>>〔33〕露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな  攝津幸彦
>>〔32〕プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷
>>〔31〕いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
>>〔30〕切腹をしたことがない腹を撫で   土橋螢
>>〔29〕蟲鳥のくるしき春を不爲     高橋睦郎
>>〔28〕春山もこめて温泉の国造り    高濱虚子
>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女

>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  2. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  3. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬…
  4. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  5. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  6. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】…
  7. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  8. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  2. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  3. 【書評】片山由美子『鷹羽狩行の百句』(ふらんす堂、2018年)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第92回】行方克巳
  5. 【夏の季語】月涼し
  6. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  7. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
  8. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  10. こんな本が出た【2021年2月刊行分】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  2. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  3. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  4. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  6. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  7. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  8. 【冬の季語】春待つ
  9. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  10. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】
PAGE TOP