ハイクノミカタ

指さして七夕竹をこはがる子 阿部青鞋【季語=七夕竹(秋)】


指さして七夕竹をこはがる子

阿部青鞋
(『ひとるたま』昭和58年)

今日は7月7日。七夕である。個人的に遠からぬ縁のある七夕についてのお話に、少々お付き合いいただきたい。

僕の筆名「細村星一郎」は、そっくりそのまま本名である。俳句でもビジネスでも印象に残るいい名前をつけてもらったと親には感謝しているが、当初は少し違う名前になる予定だったらしい。

僕は8月頭の生まれなのだが、予定では7月中に生まれるはずであった。そのため、母は七夕に因んで「星」という字を使うことにした。

加えて、母はその父親(=僕の祖父)の兄弟たちの名の法則「〜彦」を踏襲しようとした。結果、僕の名前の第一案は「星彦」となったのである。

そこで待ったをかけたのが父である。七夕に”因む”とは言ったが、いくらなんでも七夕すぎるだろう…と。父の言う通り、「星彦」になっていたら毎年7月7日は細村少年にとってかなり辛いメモリアルとなっていたことだろう。

結果、父の要望である「◯一郎、◯二郎」と折衷した「星一郎」が採用された。画数の検閲もクリアした、堂々たる名前だ。

そんな事情から、僕は毎年この時期になると「星彦」だった世界線の自分のことを思うのである。

指さして七夕竹をこはがる子
阿部青鞋

短冊を掛ける竹や笹は1〜2mの高さがあり、葉を多く湛えて揺れている。幼い子供の目線から見れば、得体の知れない生物に見えたっておかしくない。もっと言えば、「願い事を書いてぶら下げるとそれを叶えてくれる木」って、かなり怖い。

大きな構造物が苦手なパラレルワールドの星彦少年も、きっと同じように怖がっていたことだろう。あるいは、嫌な思い出の象徴としても怖がっていたかもしれない。短冊には、星彦少年がこの七夕という日を笑顔で過ごせますように、とでも書いておこう。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔13〕鵺一羽はばたきおらん裏銀河 安井浩司
>>〔12〕坂道をおりる呪術なんかないさ 下村槐太
>>〔11〕妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
>>〔10〕すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
>>〔9〕性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  2. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  3. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
  4. シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は 櫂未知子【季語=シャワー(夏)…
  5. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  6. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】…
  7. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  8. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女

おすすめ記事

  1. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  2. この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子【季語=蛍(夏)】
  3. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  4. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  5. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  6. 【春の季語】囀る
  7. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
  8. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  9. あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月5日配信分】

Pickup記事

  1. 【春の季語】蟻穴を出づ
  2. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  3. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  4. 【新年の季語】人日
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  7. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】
  8. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  9. 【夏の季語】水中花/酒中花
  10. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
PAGE TOP