ハイクノミカタ

ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ 坂本宮尾【季語=髪洗ふ(夏)】


ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ

坂本宮尾
『天動説』

幼い頃、髪を洗うのは三日に一回であった。濡れた髪は風邪をひきやすいという理由であった。母親が忙しくて髪を洗ったり乾かしたりする手伝いが出来なかったためでもある。中学生になるまで、髪は三日に一度洗えば良いと思っていた。ちなみに母は、夏場でも三日に一度しか洗わなかった。パーマの掛かった髪にカーラーを巻くのが面倒だからとか。夫の両親を在宅介護するようになって分かったことだが、髪を洗うのは大仕事なのである。

髪洗ふ」は、俳句では夏の季語だ。夏になると汗をかくため頻繁に洗うからである。昔の人が、毎日髪を洗っていなかったことが分かる季語である。女性の髪が長かった平安時代においては、数時間に及ぶ大作業であった。そのため、匂いを隠す香の文化が発達したのである。髪とは夜に洗うものであるが、江戸の遊女たちは、客を送り出したあとの昼間に洗い、日髪を結っていた。

昭和62年、資生堂のモーニングフレッシュのコマーシャルの影響で「朝シャン」という言葉が流行った。朝食を抜いてもシャンプーはする女子高生が大半を占めていると話題になった。確かに、朝シャンをすれば、寝癖もとれるし髪のセットもしやすくなる。当時は、ウエーブヘアーも流行っており、洗い髪にムースを馴染ませると一日中濡れたような艶を維持することができた。現在では、朝シャンは頭皮に負担がかかるのことで推奨されていない。また、シャンプーが髪を痛めるので毎日洗わないという人もいる。髪を洗う頻度は、髪の質や年齢、季節によって変わるのである。

女性の洗い髪は美しく見えるものだ。滴るような光沢とほのかな匂い。男性からすると、髪を濯ぐなまめかしい姿まで想像するであろう。普段とは違った髪の表情にドキリとさせられる。女性としては、洗い髪はあまり見せたくない。素顔を見せるのと同じぐらい恥ずかしいからだ。だから、交際して間もない男性に洗い髪は見せない。〈七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ 橋本多佳子〉の句の〈人〉は、親しい男性と思われる。

ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ
坂本宮尾

作者は、昭和20年生まれ。英米演劇研究者である。東京女子大学在学中に山口青邨の指導を受け「夏草」に入会。仕事や家庭の事情で10年間ほど作句を中断した時期もあったが、45歳の時に復帰。平成16年、『杉田久女』で俳人協会評論賞を受賞。平成30年「パピルス」創刊。〈春昼の角を曲がれば探偵社 宮尾〉〈梅雨深し名刺の浮かぶ神田川 宮尾〉のような現代的な街角の発見、〈冬濤や胸にタンゴの鳴りやまず 宮尾〉〈シベリアへつづく青さを鳥帰る 宮尾〉に見られる感覚的でありながらも大きな景の捉え方が魅力である。

特に、研究者と表現者の視点から論じた『杉田久女』は名著である。久女の美意識の高さや俳句表現に対するこだわりを詳細に検証している。それまでの「虚子のストーカー」という世間の認識を変えさせた。

〈ぬばたま〉とは、〈夜〉に続く枕詞である。ぬばたまは、射干(ひおうぎ)のことで、その実が黒いことから黒いものを導き出す比喩となった。「黒」に続く場合もあるが「髪」「闇」にも冠される。和歌の世界では、恋の闇を引き出すことが多い。

 〈ぬばたまのくろ髪洗ふ星祭 高橋淡路女〉では、〈くろ髪〉に掛かる。七夕を祝う星祭の夜の逢瀬を詠んでいる。発想としては、似ているのだが状況が異なる。

掲句の〈ぬばたま〉には、恋の闇が秘められている。真っ暗な夜に、人の触れた髪を洗う。〈人〉は、恋人であり、情事の後の湯あみと思われる。恋人の触れた髪を洗うのは、もったいないような気もするのだが、匂いを消したかったのだ。触れられた髪を、愛おしく思いながらも丁寧に洗う。相手を起こさないためか、秘め事を隠すためか、暗闇のなか、手探りで洗っているのだ。洗い髪を見せたくない相手なのか、それとも触れられた匂いを消すためか。答えは、ぬばたまの夜と同じぐらいに漆黒の髪に塗り込められている。

友人のキワさんは、学生時代より交際していたホクトと別れ、会社の上司と婚約した。上司の情熱的なアプローチに惹かれたのもあるが、30歳を控え結婚を焦っていたのだ。ホクトは、新卒で入社した会社を3年で辞め、その後は職を転々としていて結婚を考えてはくれなかった。上司に口説かれていることを告げると「そいつと結婚すれば」と言って去っていった。半年が過ぎたある夜、部屋のインターフォンが鳴った。出張に行っていた婚約者が予定より早く帰ってきたのだと思いドアを開けると、ホクトが立っていた。「ちゃんと話し合おうと思って」と。「ちょうど良かった。部屋に置いていったゲーム機を捨てようと思っていたの。持って帰るでしょ。ちょっと待ってて」。ホクトは何事もなかったかのように部屋に入ってきてソファーに座った。紙袋に入れたゲーム機を渡すと、「あれから、真面目に働いているんだ。他の女の子との交際も考えた。でもキワがいいんだ。キワじゃないとダメなんだ」と言った。「これから婚約者が来るの。早く帰ってくれないかしら」。ホクトは立ちあがって、キワさんを強く抱きしめた。逢わなかった半年間の出来事が一瞬にして消え去り、激しく求め合った。本当は追いかけてきてくれるのをずっと待っていたのだ。灯りを消した部屋に電話が鳴る。婚約者からだった。「やっぱり帰って」。ホクトは、無言で服を着て帰っていった。急いで部屋を片付け、シャワーを浴びた。そして、ゲーム機の入った紙袋を再びクローゼットの暗闇に隠した。

翌週、紙袋を持ってホクトの部屋を訪ねた。テーブルにはドーナッツの箱が置かれていた。「ごめん、彼女が来るのかな」「いや、3日前に突然やってきただけ。好きじゃないから食べてない」「私、結婚するの。だからもう逢えない」「分かった」。真夜中、シャワーを浴びながら泣いた。ホクトはもう追いかけて来てはくれないだろう。今ならまだ、取り戻せるかもしれない恋は、暗闇に包まれていた。ホクトは、この先も結婚など考えない。それでも構わないと思えるほどの若さはなかった。

それから1年後、キワさんは結婚した。ホクトからは何の連絡もなかったという。「あんな奴のどこが好きだったのかしら。青春時代の8年間を無駄にしたわ。でもね、追いかけてきてくれた時は、本気で寄りを戻すことを考えたのよ。あいつに他の女の匂いがしなかったら、また暗闇に逆戻りだったかも」。

女性は、先の見えない恋をしたがらない。今が楽しければそれで良いと考えた時期もあったのだろう。だけれども、好きだったからこそ、闇を感じたのだ。恋の闇は深く、魅力的だ。いつまでも闇という不安に耐えられるほど、女性は強くない。良い決断をしたと思う。若い時の闇を脱ぎ捨てて、キワさんは、とっても明るいお母さんになった。

篠崎央子


篠崎央子さんの句集『火の貌』はこちら↓】


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】
>>〔143〕蛍火や飯盛女飯を盛る 山口青邨
>>〔142〕あひふれしさみだれ傘の重かりし 中村汀女
>>〔141〕恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一
>>〔140〕花いばら髪ふれあひてめざめあふ 小池文子
>>〔139〕婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢
>>〔138〕妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一
>>〔137〕抱きしめてもらへぬ春の魚では 夏井いつき
>>〔136〕啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館
>>〔135〕海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美
>>〔134〕エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ
>>〔133〕卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨
>>〔132〕誰をおもひかくもやさしき雛の眉 加藤三七子
>>〔131〕海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作
>>〔130〕鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子
>>〔129〕魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛
>>〔128〕寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子
>>〔127〕純愛や十字十字の冬木立 対馬康子
>>〔126〕冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳
>>〔125〕忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子
>>〔124〕恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人
>>〔123〕クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎
>>〔122〕毛糸玉秘密を芯に巻かれけり 小澤克己
>>〔121〕恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子
>>〔120〕デモすすむ恋人たちは落葉に佇ち 宮坂静生
>>〔119〕美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子
>>〔118〕弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦
>>〔117〕にんじんサラダわたし奥様ぢやないぞ 小川楓子
>>〔116〕山椒の実噛み愛憎の身の細り 清水径子
>>〔115〕恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子
>>〔114〕あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子
>>〔113〕赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男
>>〔112〕泥棒の恋や月より吊る洋燈 大屋達治
>>〔111〕耳飾るをとこのしなや西鶴忌 山上樹実雄
>>〔110〕昼の虫手紙はみんな恋に似て 細川加賀
>>〔109〕朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石
>>〔108〕秋茄子の漬け色不倫めけるかな 岸田稚魚
>>〔107〕中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼
>>〔106〕太る妻よ派手な夏着は捨てちまへ ねじめ正也
>>〔105〕冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太
>>〔104〕白衣とて胸に少しの香水を   坊城中子
>>〔103〕きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子
>>〔102〕わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷
>>〔101〕姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ  宇多喜代子
>>〔100〕水喧嘩恋のもつれも加はりて   相島虚吼


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  2. 虹の空たちまち雪となりにけり 山本駄々子【季語=雪(冬)】
  3. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】
  4. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】
  5. 鶯に蔵をつめたくしておかむ 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  6. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)…
  7. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  8. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】

おすすめ記事

  1. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  2. 山桜見て居ればつく渡舟かな 波多野晋平【季語=山桜(春)】
  3. 【春の季語】薄氷
  4. 【秋の季語】花野/大花野
  5. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  6. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第95回】若井新一
  8. 【新連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第1回
  9. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  10. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)

Pickup記事

  1. 【書評】鈴木牛後 第3句集『にれかめる』(角川書店、2017年)
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月9日配信分】
  3. 餅花のさきの折鶴ふと廻る 篠原梵【季語=餅花(新年)】
  4. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年12月分】
  6. 雪虫のそつとくらがりそつと口笛 中嶋憲武【季語=雪虫(春)】 
  7. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第81回】髙栁俊男
  9. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  10. 【冬の季語】冬の滝
PAGE TOP