ハイクノミカタ

鵺一羽はばたきおらん裏銀河 安井浩司


鵺一羽はばたきおらん裏銀河

安井浩司
(『宇宙開』平成26年)

裏メニューというものがある。主に店の常連になったり注文時に特殊な合言葉を述べることなどで、通常のメニューに存在しない商品をオーダーできることを言う。近年では、スタバの凝ったカスタマイズや丸亀製麺のトッピングの組み合わせといったものも裏メニューと呼ぶらしい。

僕が学生時代に通っていた立ち飲み屋にも、いわゆる裏メニュー的なものがいくつかあった。その一つに、「ヤバチュー」というものがある。

そのお店は食べ物も飲み物も全て2〜300円程度という驚異的な安さで、主に近所の常連が1〜2人でやってきてくだを巻いている。そういったコンセプトのため、ドリンクのグラスやフードメニューの大きさがやや小さいのが特徴である。

そのお店の何より危険なところは、お酒の濃さにある。割りものの焼酎は品質本位、宮﨑酒店のキンミヤ焼酎を使っているのだが、量がおかしい。前述した小さめのジョッキに、中ジョッキ用のディスペンサーを2プッシュ(2杯分)入れるのである。たとえばウーロンハイなどは、ジョッキの7割を占める焼酎に烏龍茶で色をつけた程度の代物だ。

そしてヤバチューである。まずここのチューハイは2プッシュのキンミヤをベースに白ワインと炭酸を加えた悪魔的な飲み物なのだが、常連のみに注文を許されたヤバチューが意味するところは「焼酎のチューハイ割り」である。

ジョッキにキンミヤを1プッシュしたところをスタート地点として、先ほどのチューハイを作る。つまり、3プッシュの焼酎+白ワイン+炭酸といった構成のスーパードリンクが完成する。当然炭酸水の入る余地などほとんどなく、キンミヤのロックとワインの混ぜ物と言ってもいい。

裏メニューの魅力とは、その特別感にある。言うまでもないことだが、その裏メニューが美味しいかどうかはさして重要ではない。自分は今、普通では口にできないものを食べている。つまり、自分はただ者ではないという高揚感(錯覚)に人は惹かれてしまう。

鵺一羽はばたきおらん裏銀河
安井浩司

安井浩司は重信の『俳句評論』を経て、『ユニコーン』『騎』といった同人の立ち上げに参加した。しばしば難解と評されるのは、シュルレアリスム的なランダム生成とも徹底的な花鳥諷詠と取り合わせによる超自然的な詩性の創出とも異なる、俳句表現が持つ未知の地平を見出そうとしたその姿勢ゆえだろう。

揭句は架空の生物である鵺の羽ばたきによって暗然たる空に目を向けさせるが、最終的な力点は「裏銀河」に置かれている。肉眼で見えるほど煌々と輝く銀河…ではなく、その裏側。目に見えないものに手を伸ばしたくなってしまうのは、人の性と言ってもいいだろう。

細村星一郎


【執筆者プロフィール】
細村星一郎(ほそむら・せいいちろう)
2000年生。第16回鬼貫青春俳句大賞。Webサイト「巨大」管理人。


【細村星一郎のバックナンバー】
>>〔12〕坂道をおりる呪術なんかないさ 下村槐太
>>〔11〕妹に告げきて燃える海泳ぐ 郡山淳一
>>〔10〕すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
>>〔9〕性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實
>>〔8〕蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男
>>〔7〕白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子
>>〔6〕煌々と渇き渚・渚をずりゆく艾 赤尾兜子
>>〔5〕かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり
>>〔4〕古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
>>〔3〕銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
>>〔2〕象の足しづかに上る重たさよ 島津亮
>>〔1〕三角形の 黒の物体オブジェの 裏側の雨 富沢赤黄男


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦【季語=金魚(夏)】
  2. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】
  3. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  4. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】
  5. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  6. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  7. つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹【季語=露草 (秋)…
  8. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】

おすすめ記事

  1. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第35回】松川洋酔
  4. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
  5. 【冬の季語】時雨
  6. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  7. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  8. 【夏の季語】たかんな
  9. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  10. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤

Pickup記事

  1. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和(冬)】
  2. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  3. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  4. とぼしくて大きくて野の春ともし 鷲谷七菜子【季語=春灯(春)】 
  5. 【冬の季語】凍る
  6. 蟲鳥のくるしき春を不爲 高橋睦郎【季語=春(春)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  8. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  9. 夏つばめ気流の冠をください 川田由美子 【季語=夏燕(夏)】
  10. 【冬の季語】忘年
PAGE TOP