コンゲツノハイク【各誌の推薦句】

【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年3・4月分】


【読者参加型】
コンゲツノハイクを読む
【2024年3・4月分】


ご好評いただいている読者参加型コーナー「コンゲツノハイクを読む」、2024年も続いてます。リリースがたいへんに遅れてしまってごめんなさい。今回は3月・4月分合同にて、5名の方にご投稿いただきました。ありがとうございます(掲載は到着順)。


ほどほどといふ詰まらなさ枯木折る

山田蹴人

「秋麗」2024年2月号より

先日、府中美術館にて「地獄極楽図」(金沢市照円寺所蔵)を見た。その絵によると、地獄にはランクがあり、罪の数によって罰が異なるらしい。歩みを進めるにしたがって苦しみの増す阿鼻叫喚の人間の表情や、どんどん猛りを増す炎の描写を、こう言っては何だが楽しく見てしまった。続けて菩薩様や天女が舞う、実に安らかな極楽図が展示されているのだが、さっきの楽しさが薄れ、ほぼ素通りしてしまった。つまらないとつい思ってしまう不謹慎さ。美術館をあとにしてから、この句が目にとまった。どうせ酷い目に遭うならとことん、なかなか味わえない経験を死後に、というのもありかなと思ったりした。

藤色葉菜/「秋」)


あめんぼう今日はあめんぼうとし

渡邉照香

「海原」2024年1・2月号より

蟻とかになってみたりしないの?
え?そんなあ毎日よう働かんわぁ
ありえへん。。。
そしたら、螽斯なんかになって音楽家になるとかは?
う~ん、、、そんなん無理や~
楽器はむずかしすぎりきりすぅ
ふーん。そんならやっぱり、あめんぼうかぁ
そうやね。水にぽわぽわ浮いてるんが一番やな
うん、わしもそうや
ぼうぅとして浮かんでるんがいいなあ
けど、けっこう微妙は力のバランスがいるんよよねぇ
そうそう、おめぇもそうかぁ
まあ、たまには違うもんになってもいいけどな
今日はあめんぼうとしてがええなあ
そやなあ めんどうなことはあんまりしたないなぁ

月湖/「里」)


ご近所も心地よき音蒲団干す

前田勝洋

「天穹」2024年3月号より

今はマンションのベランダに蒲団を干すことは御法度。況んや煩いだけでなく埃やダニの死骸を撒き散らすので蒲団を叩くなど「不適切にもほどがある!」

さて、昭和の団地にタイムスリップすれば、ベランダには色とりどりの蒲団が干され、日曜日の午後ともなるとお父さんたちがラケット様の「ふとん叩き」という専用の道具を手に力一杯叩き始める。恰も音の響きや大きさを競うように。その競技が終わると蒲団は一斉に取り込まれる。夕方にはテレビから「笑点」や「サザエさん」のテーマが漏れ聞こえ、お母さんの作る「バーモントカレー」の香が漂ってくる。懐かしき昭和の一句。


 種谷良二/「櫟」)


書初の大腿骨のやうな一

藤尾ゆげ

「街」2024年4月号より

「大腿骨のやうな一」とはなんとも豪快な比喩だ。「一」の筆のはじまりとおわりに墨の溜まったところがあり、一本の立派な骨のように見えるのだ。大腿骨は股関節から膝までの太ももの骨であり、人間の骨格のなかで最も長い骨。この大腿骨が骨折すると大変で、それがきっかけで寝たきりになってしまうことも。年齢を重ねるにつれて、その大事さを実感することの多い骨だと思う。そんな大腿骨を書き初めのシーンで正月早々思い浮かべているところに俳諧味がある。健やかな一年を願ったのかもしれない。

千野千佳/「蒼海」)


注射針しづかに抜かれ冬の月

丑山霞外

「炎環」2024年2月号より

注射針が抜かれる様子を見ている、あるいは感じている。抜かれるその佇まいが静かだ。昼白色の自然な光に満ちた処置室の静けさの中にいた読者は、下五で不意に冴え冴えとした月光を見上げる。夜だ。何の病か採血かわからないが、静謐な不安と安堵を感じる。「しづかに」や「冬の月」がこの気分をつくっているが、何より「注射」という受動態、相手に体を委ねきっている無抵抗な状態が終わる間際の気分だろう。そして、づか、抜き、月、と連続する[k]の音象徴が抵抗感と解放感のサウンドスケープを演出している。

小松敦/「海原」)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  2. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  3. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)…
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第110回】今井康之
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし…
  8. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」菜の花のオイスターソースがけ
  2. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  3. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  4. ひら/\と猫が乳吞む厄日かな 秋元不死男【季語=厄日(秋)】
  5. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  6. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  7. 【冬の季語】鼻水
  8. クッキーと林檎が好きでデザイナー 千原草之【季語=林檎(秋)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん

Pickup記事

  1. さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨【季語=爽やか(秋)】
  2. 春宵や光り輝く菓子の塔 川端茅舎【季語=春宵(春)】
  3. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  4. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  5. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  6. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  7. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  8. 【冬の季語】冬の滝
  9. 【新年の季語】初旅
  10. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
PAGE TOP