ハイクノミカタ

ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】


ひきつゞき身のそばにおく雪兎)

飯島晴子

「ひきつゞき」というのは、「雪兎が解け去ってからも」の意と思われるが、それにしてもこの改まった言い方には力がこもっている。そして「身のそばにおく」というのも、自分自身の持つ引力の届く範囲内に、無理やり抑え込んでいるような意志を感じる。

晴子はこの句について次のように述べている。

言葉の雪兎は、盆の上で瞬く間に消え失せる実物の雪兎であると同時に、雪の中を永遠に自由に跳びはねている白兎でもある。実物の雪兎の消え易さ、たあいなさが逆に、雪兎(、、)の存在を永遠に、確かなものにするのかもしれない。(傍点筆者)

以前紹介した「言葉桐の花は」と同様に、ここでも「言葉の雪兎」と「実物の雪兎」とを対比させている。傍点をふった雪兎は、当然「言葉の雪兎」のことだろう。掲句は比較的平明ではあるが、ここでは、晴子の言う実物と言葉との違い、そして本意への批判ということをさらによく理解するために、一句を分解していこうと思う。

「言葉の雪兎」の中には多くの情報が、それぞれに関わり合いながら存在している。例えば「消え易い」という性質は、雪そのものの質感にも関係するし、冷たく硬質な雪兎に対して、温かく柔らかいいわゆる兎のイメージも想起され、塗盆と野原の違いをも思わされる、といったように本意に含まれる様々な項目が互いにつながりを持っているのである。掲句では、多くの情報の中から「消え易い」という性質を抽出して、これに拮抗することで俳句として成立しているのである。本意への批判の方法自体はわかりやすすぎるとも言えるかもしれない。ただし、前述のように「消え易い」という性質は、「言葉の雪兎」に含まれるその他様々な情報と結びついているために、それ一つが批判されただけで、その他様々な情報も連動して微妙に動くのである。「動く」と曖昧にしたのは、変容してしまう情報もあれば、他の情報との関係性が変わる、あるいは情報間の重みづけが変わるにとどまる情報もあるからだ。

掲句の場合、「消え易い」という性質が拮抗されることによって「言葉の雪兎」の本意はどのように動くだろう。まず、雪兎よりもいわゆる兎のイメージの占める割合が大きくなる。それに伴い、雪兎のその場にとどまって解ける様子に対して、いわゆる兎の躍動的に逃げる様子が前面に出てくるだろう。そうなると、「身のそばにおく」と言わざるを得ない力が「言葉の雪兎」の中に生まれる。一方で、「身のそば」としたことで野原よりも塗盆のイメージが鮮明になる。雪兎といわゆる兎との間ではいわゆる兎寄りに、塗盆と野原では塗盆寄りになるという矛盾は、一句の世界に複雑さをもたらす。さらに、いわゆる兎とていつかは死ぬのであるが、「ひきつゞき」という言葉によって、「言葉の雪兎」が、いわゆる兎とはまた異なる次元に押し上げられ、永遠の雪兎が定着する。永遠に身のそばにとどまり続ける雪兎の強靭さは、本意に含まれる要素のネットワークに支えられているのである。

小山玄紀


【執筆者プロフィール】
小山玄紀(こやま・げんき)
平成九年大阪生。櫂未知子・佐藤郁良に師事、「群青」同人。第六回星野立子新人賞、第六回俳句四季新人賞。句集に『ぼうぶら』。俳人協会会員


小山玄紀さんの句集『ぼうぶら』(2022年)はこちら↓】


【小山玄紀のバックナンバー】
>>〔41〕人の日の枯枝にのるひかりかな 飯島晴子
>>〔40〕年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子
>>〔39〕白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子
>>〔38〕新道をきつねの風がすすんでゐる 飯島晴子
>>〔37〕狐火にせめてををしき文字書かん 飯島晴子
>>〔36〕気が変りやすくて蕪畠にゐる 飯島晴子
>>〔35〕蓮根や泪を横にこぼしあひ 飯島晴子
>>〔34〕みどり児のゐて冬瀧の見える家 飯島晴子
>>〔33〕冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子
>>〔32〕小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子
>>〔31〕鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子
>>〔30〕鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
>>〔29〕秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
>>〔28〕ここは敢て追はざる野菊皓かりき 飯島晴子
>>〔27〕なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子
>>〔26〕肉声をこしらへてゐる秋の隕石 飯島晴子
>>〔25〕けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子
>>〔24〕婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子
>>〔23〕白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子
>>〔22〕露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子
>>〔21〕怒濤聞くかたはら秋の蠅叩   飯島晴子
>>〔20〕葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子
>>〔19〕瀧見人子を先だてて来りけり  飯島晴子
>>〔18〕未草ひらく跫音淡々と     飯島晴子
>>〔17〕本州の最北端の氷旗      飯島晴子
>>〔16〕細長き泉に着きぬ父と子と   飯島晴子
>>〔15〕この人のうしろおびただしき螢 飯島晴子
>>〔14〕軽き咳して夏葱の刻を過ぐ   飯島晴子
>>〔13〕螢とび疑ひぶかき親の箸    飯島晴子
>>〔12〕黒揚羽に当てられてゐる軀かな 飯島晴子
>>〔11〕叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子


>>〔10〕家毀し瀧曼荼羅を下げておく 飯島晴子
>>〔9〕卯月野にうすき枕を並べけり  飯島晴子
>>〔8〕筍にくらき畳の敷かれあり   飯島晴子
>>〔7〕口中のくらきおもひの更衣   飯島晴子
>>〔6〕日光に底力つく桐の花     飯島晴子
>>〔5〕気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子
>>〔4〕遅れて着く花粉まみれの人喰沼 飯島晴子
>>〔3〕人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子
>>〔2〕やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子
>>〔1〕幼子の手の腥き春の空   飯島晴子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
  2. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  3. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  4. 誰も口にせぬ流氷の向かうの地 塩崎帆高【季語=流氷(春)】
  5. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  6. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  7. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】
  8. 黒服の春暑き列上野出づ 飯田龍太【季語=春暑し(春)】

おすすめ記事

  1. 一月や去年の日記なほ机辺     高濱虚子【季語=一月(冬)】
  2. 【夏の季語】汗
  3. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  4. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  5. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  6. フラミンゴ同士暑がつてはをらず 後藤比奈夫【季語=暑し(夏)】
  7. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  8. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  9. 【冬の季語】冬に入る
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  2. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  3. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  4. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  5. 【冬の季語】冬の水
  6. あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり 久保田万太郎【季語=秋風(秋)】
  7. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  8. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  9. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  10. 秋櫻子の足あと【第9回】谷岡健彦
PAGE TOP