冬の季語

【冬の季語】雪兎

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】雪兎

」でつくった「」である。


【雪兎(上五)】
雪兎援けず潮にわがそだつ 杉田久女
雪うさぎ柔かづくり固づくり 波多野爽波
雪兎雪被て見えずなりにけり 佐藤鬼房
雪兎きぬずれを世にのこしたる 宇佐美魚目
雪兎つくる電気がついてから 飯島晴子
雪兎なんぼつくれば声通る  飯島晴子
雪兎雪に戻して一睡す 飯島晴子
雪兎わが家に娘なかりけり 岩城久治

【雪兎(中七)】

【雪兎(下五)】
老いたれば作つてみたる雪兎 飯島晴子
郵便屋さんにも見せて雪兎 飯島晴子
不細工もよしよしと吾が雪兎 飯島晴子
ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
耳立てて目もあちら向き雪兎 鷹羽狩行
今生に目玉をのこす雪兎 宇多喜代子
さらさらと雪にもどりぬ雪うさぎ 猫髭
うら若き掌にのせてきし雪兎 山本洋子
その鰥夫逃げられたるは雪兎 中原道夫
愛さるることが仕事や雪兎 櫂未知子
とどのつまり置いてきぼりや雪兎 大木孝子
教室に三十匹の雪兎 前田倫子
むつかしき愛をやさしく雪兎 遠藤由樹子
片耳のとばされてゐる雪兎 藤本夕衣
聞き耳を立たせてやりぬ雪兎 堀切克洋

【その他の季語と】
春寒し見離されたる雪兎 杉田久女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】凍蝶
  2. 【冬の季語】掘炬燵
  3. 【春の季語】旧正
  4. 【冬の季語】梅探る
  5. 【冬の季語】冬川
  6. 【春の季語】うらら
  7. 【冬の季語】白鳥
  8. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱

おすすめ記事

  1. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  2. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  3. 薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子【季語=薄氷(春)】
  4. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  5. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
  7. Tシャツに曰くバナナの共和国 太田うさぎ【季語=バナナ(夏)】
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  10. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 

Pickup記事

  1. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年6月分】
  4. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  5. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  6. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  7. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  8. 飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀【季語=蝶・蜂(春)】
  9. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  10. 【新年の季語】人の日
PAGE TOP