冬の季語

【冬の季語】雪兎

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】雪兎

」でつくった「」である。


【雪兎(上五)】
雪兎援けず潮にわがそだつ 杉田久女
雪うさぎ柔かづくり固づくり 波多野爽波
雪兎雪被て見えずなりにけり 佐藤鬼房
雪兎きぬずれを世にのこしたる 宇佐美魚目
雪兎つくる電気がついてから 飯島晴子
雪兎なんぼつくれば声通る  飯島晴子
雪兎雪に戻して一睡す 飯島晴子
雪兎わが家に娘なかりけり 岩城久治

【雪兎(中七)】

【雪兎(下五)】
老いたれば作つてみたる雪兎 飯島晴子
郵便屋さんにも見せて雪兎 飯島晴子
不細工もよしよしと吾が雪兎 飯島晴子
ひきつゞき身のそばにおく雪兎 飯島晴子
耳立てて目もあちら向き雪兎 鷹羽狩行
今生に目玉をのこす雪兎 宇多喜代子
さらさらと雪にもどりぬ雪うさぎ 猫髭
うら若き掌にのせてきし雪兎 山本洋子
その鰥夫逃げられたるは雪兎 中原道夫
愛さるることが仕事や雪兎 櫂未知子
とどのつまり置いてきぼりや雪兎 大木孝子
教室に三十匹の雪兎 前田倫子
むつかしき愛をやさしく雪兎 遠藤由樹子
片耳のとばされてゐる雪兎 藤本夕衣
聞き耳を立たせてやりぬ雪兎 堀切克洋

【その他の季語と】
春寒し見離されたる雪兎 杉田久女


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】白梅
  2. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  3. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  4. 【新年の季語】宝船
  5. 【冬の季語】豆撒
  6. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  7. 【春の季語】蝶生る
  8. 【新年の季語】門松

おすすめ記事

  1. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  2. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第40回】 青山と中村草田男
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  5. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【13】服部崇
  7. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  8. 【春の季語】春一番
  9. 【冬の季語】年忘れ
  10. 或るときのたつた一つの干葡萄 阿部青鞋

Pickup記事

  1. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  2. シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁【季語=石鹸玉(春)】
  3. 【新年の季語】二日
  4. 死も佳さそう黒豆じっくり煮るも佳し 池田澄子【季語=黒豆(新年)】
  5. 【新年の季語】宝船
  6. しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫【季語=しばれる(冬)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  9. はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき【季語=蜩(秋)】
  10. 遊女屋のあな高座敷星まつり 中村汀女【季語=星まつり(秋)】
PAGE TOP