ハイクノミカタ

アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

アロハ着て息子の嫁を眺めをり

西村麒麟


作者自身が「息子」であるとして、「息子の嫁を」という言葉からは、少し遠さが感じられる。仲良く話すのではなく、おずおずと、少し遠くから「眺めて」いる(きっと口下手な)父親。しかもアロハなんか着て。気の利いたことくらい、少しは言えよ。大方の息子にとって、オイディプス王のような「幸せな道」は辿ることができない以上、息子にとって父親に対する違和感は、きっと死ぬまで消えないもの。季語である「アロハ」の楽天性は、そのような屈折した思いを代弁してくれている。『鴨』(2017)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  2. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  3. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  4. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
  5. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)…
  6. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  7. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】…
  8. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 【春の季語】子猫
  3. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  4. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  5. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
  6. 【冬の季語】冬
  7. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  8. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  9. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  10. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】

Pickup記事

  1. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  2. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  4. 南天のはやくもつけし実のあまた 中川宋淵【季語=南天の実(冬)】
  5. 【冬の季語】冬薔薇
  6. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  7. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  8. 【夏の季語】閻魔詣/閻魔 閻王 宵閻魔 閻魔帳
  9. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  10. 【夏の季語】紫陽花
PAGE TOP