季語・歳時記

【春の季語】薄氷

【春の季語=初春(2月)】薄氷

春先に水の表面がうすく凍りついていること。

「薄氷」は四音では「うすらい」、五音では「うすごおり」と読み分ける。

それぞれの歴史的仮名遣いは、「うすらひ」・「うすごほり」。

「薄氷」という語は、和歌において「冬」・「春」の両方にまたがり、連歌では陰暦十月(冬)とされていたが、高濱虚子が『新歳時記』を編むにあたって、「春の季語」として普及させた。


【薄氷(上五)】
薄氷や我を出で入る美少年 永田耕衣
薄氷へわが影ゆきて溺死せり 三橋鷹女
薄氷をのせたる水の動きけり 桂 信子
薄氷にふたたび降りし雀かな 皆川盤水
薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二
薄氷をひらりと飛んで不登校 清水哲男
薄氷誰も戻らぬ日がつづく 宇多喜代子
薄氷の解けて青空動き出す 高橋悦男
薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子
薄氷に絶叫の罅入りにけり 原雅子
うすらひや天地もまた浮けるもの 行方克巳
うすらひのふれあふおととわかるまで 正木ゆう子
うすらひのこの世を離れはじめけり 野中亮介
薄氷のつめたき水に囲まるる 加藤かな文
薄氷の刃先は水となつてをり 今瀬一博
薄氷を割る薄氷の中の日も 山田露結
薄氷の上なる水や吹かれをる 押野裕
薄氷また来る場所と思ひゐる 日下野由季

【薄氷(中七)】
父病めば空に薄氷あるごとし 大木あまり
人のかげ乗せ薄氷の流れをり 河内文雄
磨崖佛近く薄氷張りにけり 日原傳

【薄氷(下五)】
空を出て死にたる鳥や薄氷 永田耕衣
夢の端を踏むごとく踏み薄氷 鷹羽狩行
根のやうなものがくるりと薄氷に  金丸和代
胎盤の出来るころなり薄ごほり ドゥーグル・J・リンズィー
いちまいの水となりたる薄氷 日下野由季
鳥ごゑに濡れはじめたる薄氷 堀切克洋

【ほかの季語と】
うすらひに水鳥の水尾きてゆるゝ 渋沢秀雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】マフラー
  2. 【夏の季語】香水
  3. 【冬の季語】寒さ
  4. 【冬の季語】白鳥
  5. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  6. 【春の季語】菜種梅雨
  7. 【新年の季語】宝船
  8. 【新年の季語】七日

おすすめ記事

  1. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  2. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  3. 深追いの恋はすまじき沈丁花 芳村うつぎ【季語=沈丁花(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  5. 【冬の季語】蓮根掘る
  6. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年6月分】
  8. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  9. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  10. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【9】/小田島渚(「銀漢」「小熊座」同人)
  2. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  3. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  4. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
  5. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  6. 【冬の季語】梅探る
  7. 【冬の季語】探梅
  8. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  9. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  10. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
PAGE TOP