季語・歳時記

【春の季語】薄氷

【春の季語=初春(2月)】薄氷

春先に水の表面がうすく凍りついていること。

「薄氷」は四音では「うすらい」、五音では「うすごおり」と読み分ける。

それぞれの歴史的仮名遣いは、「うすらひ」・「うすごほり」。

「薄氷」という語は、和歌において「冬」・「春」の両方にまたがり、連歌では陰暦十月(冬)とされていたが、高濱虚子が『新歳時記』を編むにあたって、「春の季語」として普及させた。


【薄氷(上五)】
薄氷や我を出で入る美少年 永田耕衣
薄氷へわが影ゆきて溺死せり 三橋鷹女
薄氷をのせたる水の動きけり 桂 信子
薄氷にふたたび降りし雀かな 皆川盤水
薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二
薄氷をひらりと飛んで不登校 清水哲男
薄氷誰も戻らぬ日がつづく 宇多喜代子
薄氷の解けて青空動き出す 高橋悦男
薄氷の筥の中なる逢瀬かな 大木孝子
薄氷に絶叫の罅入りにけり 原雅子
うすらひや天地もまた浮けるもの 行方克巳
うすらひのふれあふおととわかるまで 正木ゆう子
うすらひのこの世を離れはじめけり 野中亮介
薄氷のつめたき水に囲まるる 加藤かな文
薄氷の刃先は水となつてをり 今瀬一博
薄氷を割る薄氷の中の日も 山田露結
薄氷の上なる水や吹かれをる 押野裕
薄氷また来る場所と思ひゐる 日下野由季

【薄氷(中七)】
父病めば空に薄氷あるごとし 大木あまり
人のかげ乗せ薄氷の流れをり 河内文雄
磨崖佛近く薄氷張りにけり 日原傳

【薄氷(下五)】
空を出て死にたる鳥や薄氷 永田耕衣
夢の端を踏むごとく踏み薄氷 鷹羽狩行
根のやうなものがくるりと薄氷に  金丸和代
胎盤の出来るころなり薄ごほり ドゥーグル・J・リンズィー
いちまいの水となりたる薄氷 日下野由季
鳥ごゑに濡れはじめたる薄氷 堀切克洋

【ほかの季語と】
うすらひに水鳥の水尾きてゆるゝ 渋沢秀雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】クリスマスカード
  2. 【冬の季語】十二月
  3. 【冬の季語】狐
  4. 【冬の季語】嚏(嚔)
  5. 【冬の季語】雪降る
  6. 【春の季語】桜
  7. 【冬の季語】探梅
  8. 【新年の季語】なまはげ

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白鳥
  2. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  3. 【新年の季語】餅花
  4. からたちの花のほそみち金魚売 後藤夜半【季語=金魚売(夏)】
  5. 悲しみもありて松過ぎゆくままに 星野立子【季語=松過(新年)】
  6. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  7. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  8. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  9. 藁の栓してみちのくの濁酒 山口青邨【季語=濁酒(秋)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作

Pickup記事

  1. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  2. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】
  3. クリスマスイヴの始る厨房よ    千原草之【季語=クリスマス(冬)】
  4. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  5. 【新年の季語】去年今年
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(9)/干場達矢さん
  7. 【冬の季語】枯木
  8. 帰るかな現金を白桃にして 原ゆき【季語=白桃(秋)】
  9. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  10. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
PAGE TOP