冬の季語

【冬の季語】着ぶくれ

【冬の季語=三冬(11〜1月)】着ぶくれ

【解説】

冬の寒さをしのぐために何枚もの服を重ねて着る。このふくらんだ状態を着ぶくれという。

似た季語に「重ね着」「厚着」がある。違いとして「重ね着」「厚着」は客観的・説明的だが、「着ぶくれ」はふくらんでいるという認識があり主観的だ。だから〈こんなに着ぶくれている自分は〉という自嘲的な句が多い。


【着ぶくれ(上五)】
着ぶくれのおろかなる影曳くを恥づ 久保田万太郎
着ぶくれて命をわづか濃くしたる 小田島亮悦
着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津 
着膨れて鳥の鼓動となりにけり 藤井あかり
着膨れの呼ばれて首を回しけり 小野あらた
着ぶくれてビラ一片も受け取らず 髙柳克弘
着膨れて最背面で激怒する 御中虫
着膨れて鳥の鼓動となりにけり 藤井あかり
着膨れてメタセコイヤのまはり掃く 南十二国
着ぶくれて七人掛けに七人が 堀切克洋

【着ぶくれ(中七)】
心まで着ぶくれをるが厭はるる 相生垣瓜人
鳩降りてきて着ぶくれし人の前 野村浜生
降灰のみな着膨れて歩むかな 中条明
百貨店めぐる着ぶくれ一家族 草間時彦
乗客の着ぶくれてをり縄電車 佐藤芙美子
再会や着ぶくれの背を打てば音 斉藤志歩

【着ぶくれ(下五)】
なりふりもかまはずなりて着膨れて 高浜虚子
人待つ如人厭ふごと着膨れぬ 石田波郷
通りゆくあの人今日は着ぶくれて 杉浦千種
子の家におろおろ住むや着膨れて 中村路子
愛国も売国もみな着ぶくれて 鈴木砂紅


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】蕎麦の花
  2. 【新年の季語】松納
  3. 【春の季語】春風
  4. 【冬の季語】冬林檎
  5. 【新年の季語】門の松
  6. 【夏の季語】ソーダ水
  7. 【夏の季語】涼しい
  8. 【夏の季語】蝙蝠

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  2. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  3. 【連載】「ゆれたことば」#3「被災地/被災者」千倉由穂
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  6. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  7. つちふるや自動音声あかるくて 神楽坂リンダ【季語=霾(春)】
  8. 街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平 【季語=薔薇(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  10. 台風や四肢いきいきと雨合羽 草間時彦【季語=台風(秋)】

Pickup記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(16)/宮本佳世乃さん
  2. 灰神楽かと思ひきや杉花粉 天沢退二郎【季語=杉花粉(春)】
  3. 【春の季語】囀る
  4. 龍の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子【季語=龍の玉(新年)】
  5. 【春の季語】葱坊主
  6. 【夏の季語】夏の蝶
  7. 【冬の季語】寒し
  8. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第13回】
  9. 【春の季語】啄木忌
  10. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
PAGE TOP