季語・歳時記

【春の季語】二月尽

【春の季語=初春(2月)】二月尽

二月」が終わることを指す言葉。

二月は短い。また、閏年には29日となり、暦の調整となる月でもある。

現在の暦の元祖がつくられた古代ローマでは、春のはじまりである「3月1日」が1年のはじまりであった。そのため、1年の終わりの月である現在の2月が、いわば帳尻合わせの月となった。

新暦の二月の終わりごろには「春一番」が吹き、「凍てもゆるんで」くる。


【二月尽(上五)】
二月尽雨なまなまと幹くだる 石原舟月

【二月尽(中七)】

【二月尽(下五)】
倒木にみな触れてゆく二月尽 黒澤さや




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】草いきれ
  2. 【春の季語】朝桜
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 【秋の季語】新涼/涼新た 秋涼し
  5. 【春の季語】惜春
  6. 【春の季語】チューリップ
  7. 【新年の季語】なまはげ
  8. 【新年の季語】正月

おすすめ記事

  1. 銀河系のとある酒場のヒヤシンス 橋 閒石【季語=ヒヤシンス(春)】
  2. 【春の季語】春雪
  3. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  4. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  5. 土器に浸みゆく神酒や初詣 高浜年尾【季語=初詣(新年)】
  6. 黴くさし男やもめとなりてより 伊藤伊那男【季語=黴(夏)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第15回】
  8. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年5 月分】
  10. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】

Pickup記事

  1. 子規逝くや十七日の月明に 高浜虚子【季語=月明(秋)】
  2. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】
  3. 【春の季語】春寒
  4. 【冬の季語】十一月
  5. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  6. 春愁は人なき都会魚なき海 野見山朱鳥【季語=春愁(春)】
  7. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  8. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  9. 【春の季語】囀る
  10. 【春の季語】朧夜
PAGE TOP