季語・歳時記

【春の季語】二月尽

【春の季語=初春(2月)】二月尽

二月」が終わることを指す言葉。

二月は短い。また、閏年には29日となり、暦の調整となる月でもある。

現在の暦の元祖がつくられた古代ローマでは、春のはじまりである「3月1日」が1年のはじまりであった。そのため、1年の終わりの月である現在の2月が、いわば帳尻合わせの月となった。

新暦の二月の終わりごろには「春一番」が吹き、「凍てもゆるんで」くる。


【二月尽(上五)】
二月尽雨なまなまと幹くだる 石原舟月

【二月尽(中七)】

【二月尽(下五)】
倒木にみな触れてゆく二月尽 黒澤さや




【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】汗/汗ばむ 玉の汗
  2. 【春の季語】雛祭
  3. 【春の季語】春の夜
  4. 【新年の季語】どんど焼
  5. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  6. 【冬の季語】冬の谷
  7. 【秋の季語】松茸
  8. 【春の季語】春節

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】松茸
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  3. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  4. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  5. コンゲツノハイクを読む【2021年7月分】
  6. 橇にゐる母のざらざらしてきたる 宮本佳世乃【季語=橇(冬)】
  7. 風へおんがくがことばがそして葬 夏木久
  8. 【冬の季語】冬
  9. 【冬の季語】忘年会
  10. 若き日の映画も見たりして二日 大牧広【季語=二日(新年)】

Pickup記事

  1. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  2. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  3. 【新年の季語】田遊
  4. 麻服の鎖骨つめたし摩天楼 岩永佐保【季語=麻服(夏)】
  5. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  7. 【#46】大学の猫と留学生
  8. 仕る手に笛もなし古雛 松本たかし【季語=古雛(春)】
  9. 古暦金本選手ありがたう 小川軽舟【季語=古暦(冬)】
  10. 【春の季語】恋の猫
PAGE TOP