季語・歳時記

【秋の季語】曼珠沙華

【秋の季語=仲秋(9月)】曼珠沙華

【ミニ解説】

秋のお彼岸のころになると、まっすぐにのび太細い茎から、赤い炎のような特徴的な花を咲かせます。たまに白い曼珠沙華もあり。俳句の世界で誰もが知っている句といえば、山口誓子の〈つきぬけて天上の紺曼珠沙華〉や、金子兜太の〈曼珠沙華どれも腹出し秩父の子〉あたりでしょうか。

【関連季語】秋彼岸など。

【曼珠沙華】
曼珠沙華散るや赤きに耐へかねて    野見山朱鳥
夜へつづく雲の量感曼珠沙華      能村登四郎
曼珠沙華跨いでふぐり赫(かつ)とせり   能村登四郎
九十の恋かや白き曼珠沙華       文挾夫佐恵
長命の怖ろしきまで曼珠沙華      渡部よね
あかあかとあかあかあかとまんじゆさげ 角川春樹
曼珠沙華雨の一ト日を経たる色     西村和子
ずぶ濡れの電車が着きぬ曼珠沙華    奥坂まや
曼珠沙華すつかり枯れて地に刺さる   今井 豊
曼珠沙華孤心の奥に孤心あり      中岡毅雄
いつせいに振り向かれたり曼珠沙華   柏柳明子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪掻
  2. 【冬の季語】寒し
  3. 【冬の季語】冬籠
  4. 【春の季語】春の灯
  5. 【春の季語】雛祭
  6. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  7. 【夏の季語】たかんな
  8. 【春の季語】春分

おすすめ記事

  1. 冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規【季語=冬枯・熊(冬)】
  2. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  3. 【夏の季語】コレラ/コレラ船
  4. カンバスの余白八月十五日 神野紗希【季語=終戦記念日(秋)】
  5. 海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規【季語=海松(春)】
  6. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  7. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  8. かんぱちも乗せて離島の連絡船 西池みどり【季語=かんぱち(夏)】
  9. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  10. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

Pickup記事

  1. 恋ふたつ レモンはうまく切れません 松本恭子【季語=レモン(秋)】
  2. 【春の季語】春時雨
  3. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年2月分】
  5. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)
  6. 【冬の季語】クリスマスカード
  7. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  8. 【春の季語】初花
  9. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年12月分】
PAGE TOP