【秋の季語】曼珠沙華/彼岸花 死人花 天蓋花 幽霊花 捨子花 狐花

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【秋の季語=仲秋(9月)】曼珠沙華/彼岸花 死人花 天蓋花 幽霊花 捨子花 狐花

【解説】秋のお彼岸のころになると、まっすぐにのび太細い茎から、赤い炎のような特徴的な花を咲かせます。たまに白い曼珠沙華もあり。俳句の世界で誰もが知っている句といえば、山口誓子の〈つきぬけて天上の紺曼珠沙華〉や、金子兜太の〈曼珠沙華どれも腹出し秩父の子〉あたりでしょうか。

【関連季語】秋彼岸など。

【曼珠沙華】
歩きつづける 彼岸花咲きつづける    種田山頭火
曼珠沙華散るや赤きに耐へかねて    野見山朱鳥
夜へつづく雲の量感曼珠沙華      能村登四郎
曼珠沙華跨いでふぐり赫(かつ)とせり   能村登四郎
九十の恋かや白き曼珠沙華       文挾夫佐恵
長命の怖ろしきまで曼珠沙華      渡部よね
あかあかとあかあかあかとまんじゆさげ 角川春樹
曼珠沙華雨の一ト日を経たる色     西村和子
ずぶ濡れの電車が着きぬ曼珠沙華    奥坂まや
曼珠沙華すつかり枯れて地に刺さる   今井 豊
曼珠沙華孤心の奥に孤心あり      中岡毅雄
いつせいに振り向かれたり曼珠沙華   柏柳明子

【彼岸花】
死顔はよくてありたき彼岸花      能村登四郎
彼岸花忌みてはみれど美しく      河野南畦
怖い夜や見えなくならぬ彼岸花     池田澄子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サイト内検索はこちら↓

アーカイブ

サイト内検索はこちら↓

ページ上部へ戻る