ハイクノミカタ

夏つばめ気流の冠をください 川田由美子 【季語=夏燕(夏)】


夏つばめ気流の冠をください

川田由美子 

春になると、東南アジアから燕がやって来て、家の軒先などに泥で出来たお椀型の巣を作ったり、電線の上でオスがかまびすしく囀ったりする。この忙しない囀りを「虫食って土食って渋ーい」と聞きなされてもいる。そんな燕たちは愛らしく、見ているこちらも元気になったりする。 

燕は鴉、蛇、猫などの外敵を避けるために、人家の軒先、駅の構内、コンビニエンスストアー、商店、消防署、警察署、市役所などとにかく人が出入りするところに営巣し、また「親指姫」「幸福な王子」「ツバメの大旅行」など昔から物語にも多く登場し、洋食店や在京職業野球チームの名前に使用されるなど、人にとって雀と同じく身近な鳥だ。特に農家にとっては稲作の害虫を食べてくれるので、昔から大切な鳥として扱われて来た。  

ところが近年の傾向として、里山の自然や農耕地の減少、西洋風家屋の増加によって、燕の数が減少しているという統計結果も出ている。春から秋にかけて目を心を、楽しませてくれる燕もやがては絶滅危惧種となり、この世から消えていくのであろう。燕を育んで来た日本もやがては消滅の道を歩むのであろう。 

季語は夏燕。「海程新鋭集 第1集(1997)」に収録。この句はそんな悲観的なことは一切抜きにして、ただただ燕の飛翔を見つめて燕の眼前の姿を生き生きと描いている。 

 燕は地を歩かず、といっても営巣のための土を集める時は歩くのだが、ほとんど常に飛翔していて、飛んでいる昆虫を捕まえたり、水も飛びながら飲んだりする。その速度は一般に時速45キロと言われ、最速でも時速70キロと言われている。その特徴ある飛び方は、巌流佐々木小次郎の「つばめ返し」という剣法に明らかなように、素早くひらりとその身を急旋回させたり、羽ばたきをしないで滑空飛行したりする。元気よく、すいすいと飛んでいる印象がある。 

 気象学的には気流と言った場合、水平方向と垂直方向の空気の流れのことを言い、水平方向の流れは風であり、垂直方向の流れは、台風、低気圧、雷雲などの上昇気流、高気圧、フェーンなどの下降気流があり、天候を支配する重要な要素となる。 

 この句の気流は、そう言った気象学的な意味ではなく、むしろ燕の飛び方そのものを指しているのではないか。一般の気流は、広範囲にわたる不可視の巨大な気体なのだが、この句の気流の場合、縦横無尽に飛翔する燕の描く軌跡といった意味合いのものと捉えられる。 

 川田由美子はかつて俳誌「豆の木」に、電車に乗っている当人が、窓外の景色のあちこちに色々なポーズの当人を置いていくといったエッセイを書いていて、想像力の豊かな人なのであろう。燕の飛翔の軌跡が冠となって見えているのだ。 

夏の燕は子育てに忙しく、つがい共々餌を探して飛び回る。そんな燕たちに呼びかけている句だ。「気流の冠」とはなんと神々しく、清しい言葉だろう。この語でこの句は活きた。そんな冠があったら、是非とも被ってみたくなる。

中嶋憲武


【執筆者プロフィール】
中嶋憲武(なかじま・のりたけ)
昭和35年(1960)東京生まれ。
平成6年(1994)「炎環」入会。作句をはじめる。 平成11年(1999)「炎環」新人賞。
平成12年(2000)「炎環」同人。
平成21年(2009)炎環賞。炎環エッセイ賞。
平成29年(2017)銅版画でANY展(原宿)参加。電子書籍「日曜のサンデー」。
平成30年(2018)攝津幸彦記念賞優秀賞。
平成31年(2019)第0句集「祝日たちのために(港の人)」。 「炎環」「豆の木」「豈」所属。
山岸由佳さんとの共同サイト「とれもろ」toremoro.ne.jp
「週刊俳句」で西原天気さんと「音楽千夜一夜」連載中。

祝日たちのために
中嶋憲武 著
(港の人、2019年)
価格 1650円(税込)
ISBN 978-4896293623

2018年、第4回攝津幸彦記念賞・優秀賞を受賞した気鋭の俳人の、句(120句)+銅版画(13点)+散文(17篇)を収めたユニークな第一句集。句は2018年にツイッターで呟いたツイッター句であり、時代の風景にスリリングに迫っている。

■収録作品より
蟻塚を越え来て淋しい息つく
夏炉あかるく人語に星を数へ得ず
海の鳥居の晩春の石は鳥になる
手が空いてゐる月白の舟を出す
葛湯吹いて馬の体躯の夜がある


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



【2024年7月の火曜日☆村上瑠璃甫のバックナンバー】
>>〔1〕先生が瓜盗人でおはせしか 高浜虚子
>>〔2〕大金をもちて茅の輪をくぐりけり 波多野爽波

【2024年7月の木曜日☆中嶋憲武のバックナンバー】
>>〔5〕東京や涙が蟻になってゆく 峠谷清広

【2024年6月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔5〕早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔
>>〔6〕夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生
>>〔7〕鯖買ふと決めて出てゆく茂かな 岩田由美
>>〔8〕缶ビールあけて東京ひびきけり 渡辺一二三

【2024年6月の水曜日?☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔124〕留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子
>>〔125〕金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし

【2024年6月の木曜日☆中嶋憲武のバックナンバー】
>>〔1〕赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂
>>〔2〕街の縮図が薔薇挿すコップの面にあり 原子公平
>>〔3〕楽譜読めぬ子雲をつれて親夏雲 秋元不死男
>>〔4〕汗の女体に岩手山塊殺到す 加藤楸邨

【2024年5月の火曜日☆常原拓のバックナンバー】
>>〔1〕今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男
>>〔2〕本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明
>>〔3〕夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり
>>〔4〕菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ

【2024年5月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔5〕たくさんのお尻の並ぶ汐干かな 杉原祐之
>>〔6〕捩花の誤解ねぢれて空は青 細谷喨々
>>〔7〕主われを愛すと歌ふ新樹かな 利普苑るな
>>〔8〕青嵐神社があったので拝む 池田澄子
>>〔9〕万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃

【2024年5月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔4〕一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥
>>〔5〕しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生
>>〔6〕パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子
>>〔7〕ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ

【2024年4月の火曜日☆阪西敦子のバックナンバー】
>>〔119〕初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎
>>〔120〕東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎
>>〔121〕朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎
>>〔122〕春惜しみつゝ蝶々におくれゆく   三宅清三郎
>>〔123〕わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹

【2024年4月の水曜日☆杉山久子のバックナンバー】
>>〔1〕麗しき春の七曜またはじまる 山口誓子
>>〔2〕白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉
>>〔3〕無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬
>>〔4〕飛んでゐる蝶にいつより蜂の影 中西夕紀

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら
>>〔3〕春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【2024年4月の木曜日☆小助川駒介のバックナンバー】
>>〔1〕なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子
>>〔2〕春菊や料理教室みな男 仲谷あきら

【2024年3月の火曜日☆鈴木総史のバックナンバー】
>>〔14〕芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々
>>〔15〕一瞬にしてみな遺品雲の峰 櫂未知子
>>〔16〕牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎

【2024年3月の水曜日☆山岸由佳のバックナンバー】
>>〔5〕唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子
>>〔6〕少女才長け鶯の鳴き真似する  三橋鷹女
>>〔7〕金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子

【2024年3月の木曜日☆板倉ケンタのバックナンバー】
>>〔6〕祈るべき天と思えど天の病む 石牟礼道子
>>〔7〕吾も春の野に下りたてば紫に 星野立子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 枯芦の沈む沈むと喚びをり 柿本多映【季語=枯芦(冬)】
  2. 冬蟹に尿ればどつと裏返る 只野柯舟【季語=冬蟹(冬)】
  3. 雨聴いて一つ灯に寄る今宵かな 村上鬼城【季語=無月(秋)?】
  4. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】
  5. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】…
  6. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  7. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  8. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】

おすすめ記事

  1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  6. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  7. 【冬の季語】冬の日
  8. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  9. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】
  10. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美

Pickup記事

  1. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】
  2. 年迎ふ父に胆石できたまま 島崎寛永【季語=年迎ふ(新年)】 
  3. 【春の季語】冴返る
  4. 【夏の季語】薔薇
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  7. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#5】
  9. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  10. 【夏の季語】蛇
PAGE TOP