ハイクノミカタ

大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大氷柱折りドンペリを冷やしをり

木暮陶句郎


雪の山荘に友人たちが集まってパーティーを催しているのだろうか。それとも恋人と二人きりの夜だろうか。シャンパンバケツにはドンペリ。大きな氷が刺さっている。先ほどまで軒に下がっていた氷柱だ。華やかな夜が始まろうとしている。

へっ、てやんでぇ!笑っちゃうくらいお洒落なシチュエーションにそう呟きながらも口元が緩み、目尻も自然と下がるのを禁じ得ない。そう、見た目がこんなに地味なくせに私はシャンパンが大好きなのだ。「シャンパン」と耳元で囁かれただけで、瞳孔が開きカラダが痺れてしまう。

「ドンペリ」は高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」の通称。欧米では「ドン」と呼ばれるらしい。仏名はDom Pérignonだから、don(ボス、首領)の意味とは違うけれど、格付的には”ドン”と呼ばれるのが相応しい。冷やす氷柱もそれなりの大きさと太さが必要だ。

昨今は「ドンペリ入りましたー」のようなホストクラブの香り漂うお酒かもしれないが、日本人にこれだけ名を知られるようになったのはバブル期だろう。平行輸入なども始まった頃だし、何しろ一億総プチブル状態の狂乱の世だった。私の同僚も年上の恋人がドンペリを携えて部屋にやって来たとかで、「餃子にドンペリよ~」と自嘲とも自慢ともつかないデレデレした笑みを顔に浮かべていたっけ。しかし、更に時代を遡れば映画「007」シリーズでその名を覚えた人たちも少なくないだろう。素晴らしいシャンパンは餃子ではなく例えばキャビアと合せるために、そして危機を共に切り抜けた美女との束の間の快楽のために存在するものだ、とショーン・コネリーやロジャー・ムーアが教えてくれた。

まづシャンパンと前菜のトマトジュレ

プラチナも金もダイヤもクリスマス

冬銀河みな宝石にする魔法                                                          

句集納められたこれらのキラキラした句を重ねれば、掲句はやはり特別な人と過ごすロマンティックな夜と考えてもよさそうだ。まあ、羨ましい。

シャンパンと言えば、一昨年前に惜しまれながら閉店した伊藤伊那男さんの立ち飲み酒亭「銀漢亭」の冷蔵庫にはヴーヴ・クリコのイエローラベルが常に数本入っていた。大きな集まり、小さなお祝い。何かにつけて栓が飛び、歌や踊りがあった。

シャンパンでなくても、スパークリングワインでもいい。グラスの底から絶えず上り続ける小さな泡の呼び起こす陶酔は格別だ。年末年始の一夜、皆さんも泡な飲み物を楽しまれては如何でしょう。幸せになりますよ。

『薫陶』ふらんす堂 2021年より)

太田うさぎ


【執筆者プロフィール】
太田うさぎ(おおた・うさぎ)
1963年東京生まれ。現在「なんぢや」「豆の木」同人、「街」会員。共著『俳コレ』。2020年、句集『また明日』


【太田うさぎのバックナンバー】

>>〔63〕うららかさどこか突抜け年の暮    細見綾子
>>〔62〕一年の颯と過ぎたる障子かな     下坂速穂
>>〔61〕みかんむくとき人の手のよく動く   若杉朋哉
>>〔60〕老人になるまで育ち初あられ     遠山陽子
>>〔59〕おやすみ
>>〔58〕天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部   加倉井秋を
>>〔57〕ビーフストロガノフと言へた爽やかに 守屋明俊
>>〔56〕犬の仔のすぐにおとなや草の花    広渡敬雄
>>〔55〕秋天に雲一つなき仮病の日      澤田和弥
>>〔54〕紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く      澤好摩
>>〔53〕鴨が来て池が愉快となりしかな    坊城俊樹
>>〔52〕どの絵にも前のめりして秋の人    藤本夕衣
>>〔51〕少女期は何かたべ萩を素通りに    富安風生
>>〔50〕悲鳴にも似たり夜食の食べこぼし  波多野爽波
>>〔49〕指は一粒回してはづす夜の葡萄    上田信治
>>〔48〕鶺鴒がとぶぱつと白ぱつと白     村上鞆彦
>>〔47〕あづきあらひやひとり酌む酒が好き  西野文代
>>〔46〕夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
>>〔45〕目薬に涼しく秋を知る日かな     内藤鳴雪
>>〔44〕金閣をにらむ裸の翁かな      大木あまり
>>〔43〕暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる    佐藤鬼房
>>〔42〕何故逃げる儂の箸より冷奴     豊田すずめ
>>〔41〕ひそひそと四万六千日の猫      菊田一平
>>〔40〕香水や時折キッとなる婦人      京極杞陽
>>〔39〕せんそうのもうもどれない蟬の穴   豊里友行
>>〔38〕父の日やある決意してタイ結ぶ    清水凡亭
>>〔37〕じゆてーむと呟いてゐる鯰かな    仙田洋子
>>〔36〕蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり    日原傳
>>〔35〕好きな樹の下を通ひて五月果つ    岡崎るり子
>>〔34〕多国籍香水六時六本木        佐川盟子
>>〔33〕吸呑の中の新茶の色なりし       梅田津
>>〔32〕黄金週間屋上に鳥居ひとつ     松本てふこ
>>〔31〕若葉してうるさいッ玄米パン屋さん  三橋鷹女
>>〔30〕江の島の賑やかな日の仔猫かな   遠藤由樹子
>>〔29〕竹秋や男と女畳拭く         飯島晴子
>>〔28〕鶯や製茶会社のホツチキス      渡邊白泉
>>〔27〕春林をわれ落涙のごとく出る     阿部青鞋
>>〔26〕春は曙そろそろ帰つてくれないか   櫂未知子
>>〔25〕漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に    関根誠子
>>〔24〕飯蛸に昼の花火がぽんぽんと     大野朱香
>>〔23〕復興の遅れの更地春疾風       菊田島椿
>>〔22〕花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ  星野麥丘人
>>〔21〕あしかびの沖に御堂の潤み立つ   しなだしん

>>〔20〕二ン月や鼻より口に音抜けて     桑原三郎
>>〔19〕パンクスに両親のゐる春炬燵    五十嵐筝曲
>>〔18〕温室の空がきれいに区切らるる    飯田 晴
>>〔17〕枯野から信長の弾くピアノかな    手嶋崖元
>>〔16〕宝くじ熊が二階に来る確率      岡野泰輔
>>〔15〕悲しみもありて松過ぎゆくままに   星野立子
>>〔14〕初春の船に届ける祝酒        中西夕紀
>>〔13〕霜柱ひとはぎくしやくしたるもの  山田真砂年
>>〔12〕着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる  吉田穂津
>>〔11〕蓮ほどの枯れぶりなくて男われ   能村登四郎
>>〔10〕略図よく書けて忘年会だより    能村登四郎
>>〔9〕暖房や絵本の熊は家に住み       川島葵 
>>〔8〕冬の鷺一歩の水輪つくりけり     好井由江
>>〔7〕どんぶりに顔を埋めて暮早し     飯田冬眞
>>〔6〕革靴の光の揃ふ今朝の冬      津川絵里子
>>〔5〕新蕎麦や狐狗狸さんを招きては    藤原月彦
>>〔4〕女房の化粧の音に秋澄めり      戸松九里
>>〔3〕ワイシャツに付けり蝗の分泌液    茨木和生
>>〔2〕秋蝶の転校生のやうに来し      大牧 広
>>〔1〕長き夜の四人が実にいい手つき    佐山哲郎


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
  2. 金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之【季語=金魚(夏)】
  3. をどり字のごとく連れ立ち俳の秋 井口時男【季語=秋(秋)】
  4. をぎはらにあした花咲きみな殺し 塚本邦雄【季語=荻(秋)】
  5. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  6. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】
  7. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  8. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP