神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃

ほっとできる場所

辻村麻乃(「篠」主宰)

銀漢亭の噂は様々な俳人からお聞きしていましたが、行きたいと強く思ったのは伊藤伊那男さんから電車の中で声をかけられたのがきっかけです。

その日は「玉藻」の主宰交代の祝賀会(平成26年)で、高橋睦郎さんや稲畑廣太郎さんらと帰路をご一緒した時の同じ車輌で声をかけて頂きました。

必ず行こうと思いながら、敷居が高く、友人が写真俳句展をするという報せを受けてやっと行きました。

また、銀漢亭の超結社句会に参加させて頂いたり、各種授賞式の後の打ち上げ、俳人協会埼玉県支部の方と立ち寄るなど、そこからは何回か足を運ぶようになりました。

どんな忙しい時でも伊那男さんが笑顔で対応してくださり、美味しい手作りのふりかけを分けてくださったり、下戸の私でも居心地のよい場所でした。

一人でふらっと立ち寄っても、必ず知り合いの誰かしらかが呑んでいてほっと出来る場所でした。

私以上にもっと思い入れのある方はいると思いますが、もっと行こうと思っていた矢先なので大変残念に思っています。 

これからも、この時のご縁を大切にして、会えていなくても繋がっているのだと思いながらそれぞれの方々のご活躍をお祈りいたします。

またどこかでお会いできますように。


【執筆者プロフィール】
辻村麻乃(つじむら・まの)
昭和39年東京都生まれ。「ににん」同人を経て、現在は「篠」のみ。俳人協会会員。俳人協会埼玉県支部事務局、世話人。現代俳句協会会員。日本文藝家協会会員。俳句結社「篠(すず)」主宰。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)…
  2. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  3. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  4. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第59回】鈴木節子
  8. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】

おすすめ記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第39回】 青森・五所川原と成田千空
  2. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
  3. 【夏の季語】向日葵
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  5. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  6. 新蕎麦や狐狗狸さんを招きては 藤原月彦【季語=新蕎麦(秋)】
  7. 三月の又うつくしきカレンダー 下田実花【季語=三月(春)】
  8. 鶴の来るために大空あけて待つ 後藤比奈夫【季語=鶴来る(秋)】
  9. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  10. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ

Pickup記事

  1. 【秋の季語】小鳥来る
  2. 【夏の季語】筍
  3. 誕生日の切符も自動改札に飲まれる 岡田幸生
  4. 聞えない耳なら石榴ぶらさげよ 金原まさ子【季語=石榴(秋)】
  5. 【春の季語】春の雪
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第6回】
  7. 糸電話古人の秋につながりぬ 攝津幸彦【季語=秋(秋)】
  8. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第8回】俳句甲子園と写真と俳句
  9. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  10. 赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男【季語=月(秋)】
PAGE TOP