神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃

ほっとできる場所

辻村麻乃(「篠」主宰)

銀漢亭の噂は様々な俳人からお聞きしていましたが、行きたいと強く思ったのは伊藤伊那男さんから電車の中で声をかけられたのがきっかけです。

その日は「玉藻」の主宰交代の祝賀会(平成26年)で、高橋睦郎さんや稲畑廣太郎さんらと帰路をご一緒した時の同じ車輌で声をかけて頂きました。

必ず行こうと思いながら、敷居が高く、友人が写真俳句展をするという報せを受けてやっと行きました。

また、銀漢亭の超結社句会に参加させて頂いたり、各種授賞式の後の打ち上げ、俳人協会埼玉県支部の方と立ち寄るなど、そこからは何回か足を運ぶようになりました。

どんな忙しい時でも伊那男さんが笑顔で対応してくださり、美味しい手作りのふりかけを分けてくださったり、下戸の私でも居心地のよい場所でした。

一人でふらっと立ち寄っても、必ず知り合いの誰かしらかが呑んでいてほっと出来る場所でした。

私以上にもっと思い入れのある方はいると思いますが、もっと行こうと思っていた矢先なので大変残念に思っています。 

これからも、この時のご縁を大切にして、会えていなくても繋がっているのだと思いながらそれぞれの方々のご活躍をお祈りいたします。

またどこかでお会いできますように。


【執筆者プロフィール】
辻村麻乃(つじむら・まの)
昭和39年東京都生まれ。「ににん」同人を経て、現在は「篠」のみ。俳人協会会員。俳人協会埼玉県支部事務局、世話人。現代俳句協会会員。日本文藝家協会会員。俳句結社「篠(すず)」主宰。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第15回】屋内修一
  2. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  5. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句…
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  7. 【連載】久留島元のオバケハイク【第4回】「野槌」
  8. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#1】

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
  2. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  3. 【新年の季語】元旦
  4. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  5. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  6. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  7. 【冬の季語】落葉
  8. 恋人奪いの旅だ 菜の花 菜の花 海 坪内稔典【季語=菜の花(春)】
  9. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  10. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】

Pickup記事

  1. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  3. 白魚のさかなたること略しけり 中原道夫【季語=白魚(春)】
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  5. 【冬の季語】春近し
  6. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  7. 月光にいのち死にゆくひとと寝る 橋本多佳子【季語=月光(秋)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫
  9. 赤福の餡べつとりと山雪解 波多野爽波【季語=雪解(春)】 
  10. ほほゑみに肖てはるかなれ霜月の火事の中なるピアノ一臺 塚本邦雄
PAGE TOP