連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ


和風ロールキャベツ

Chou farci à la japonaise


昨春、わが家のベランダにキジバトが卵を産むという事件が発生しました。
最初の緊急事態宣言発出で、マンション管理や樹木メンテナンスなどの人の出入りが急に止んだタイミングでした。

室外機に小枝を一、二本置いただけで産卵し、後から何度か枝を運んできて足すというアバウトな巣作りぶり。
顔を横に向けてこちらをじっと見たり(目が横についているので)、羽ばたいて威嚇したり、近くで見ると存外大きくて、かわいい鳴き声に似ず怖かったです。

鳩に繁殖されてしまうのはマンションとしてはまずい事態なので、キジバト夫妻にははやく巣作り好適地へお引越し願わなければなりません。
ハンガーや空き缶を打ち鳴らして追い立てたところ、こんどは壁一枚隔てたお隣のベランダに出入りしはじめました。

隣室住人とは面識がなく、マンション管理室は緊急事態宣言で業務停止中。結局、
「はじめまして。うちから引っ越して行ったキジバトがそちらで巣を作ろうとしています」
という主旨の手紙を書いて郵便受けに投函するという、アナログな手段に頼ったのでした。後日
「ぶじ対処しました。ありがとうございました」
との返事がポストに入っていました。

今年もそろそろ巣作りの季節。昨年のようなことにならないよう、ベランダにやってくる鳥を注意して観察しています。

わが家のロールキャベツ。
たねは豚ひき肉にれんこんと生姜。おでん出汁で和風に煮ます。
柔らかい春キャベツで作るのが好きです。

鳥の巣に鳥が入つてゆくところ  波多野爽波

季語【鳥の巣】【巣づくり】【春キャベツ】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞…
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  4. 【第3回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 成田一子さん)
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月2日配信分】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(11)/佐藤りえさん
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第123回】大住光汪

おすすめ記事

  1. 牡丹ていっくに蕪村ずること二三片 加藤郁乎  
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  3. 求婚の返事来る日をヨット馳す 池田幸利【季語=ヨット(夏)】
  4. 【冬の季語】雪掻く
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  6. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  7. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  8. わが家の見えて日ねもす蝶の野良 佐藤念腹【季語=蝶(春)】
  9. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  10. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回

Pickup記事

  1. 子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實【季語=子燕(夏)】
  2. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】
  3. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  4. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  5. 【新年の季語】宝船
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  7. 【春の季語】冴返る
  8. 【新年の季語】餅花
  9. 【新年の季語】二日
  10. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
PAGE TOP