ハイクノミカタ

松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】


松過ぎの一日二日水の如

川崎展宏


一月七日に七草粥を食べると同時に、今日で松の内も終りね、と思うのが関東に住んでいる私の感覚。そして玄関先に飾ってある正月飾りを取り外しに行く。(関西では一月十五日まで松の内)。

松過ぎは、松納め、飾り納めをして門松や注連飾りを取ってからしばらくの間の日数のこと。

松の内ではないとはいえど、まだどこかしらその名残を宿しつつ、といった趣をこの松過ぎという時間には感じる。

でも松の内の一日、一日とそれを過ぎてからの日数では一日の重さが違うのだ。

元日からの三日間は三が日と言って新年の来客や行事があったり、四日からは仕事始めで年始のご挨拶があったりとだいたい七日頃までは日にちに合わせての動きがある。一日、一日がどこか立っているように感じられるが、松過ぎともなるとそのあたりが次第に緩んでくるのだろう。

一日、二日が水の如くに過ぎてゆく、というのは、なるほど巧いことを言うものだ。

気付いたら一日二日経ってしまっていたという松過ぎの感慨が、さらりと過ぎ行く水の早さに託されてうまく出ているように思う。

松過ぎという言葉の持つ静けさが、「水」と響き合って、音も無く過ぎ行く時の流れを感じさせてくれるようだ。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  2. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】…
  3. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  4. 土のこと水のこと聞き苗を買ふ 渡部有紀子【季語=苗を買ふ(春)】…
  5. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  6. 鳥けもの草木を言へり敗戦日 藤谷和子【季語=敗戦日(秋)】
  7. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  8. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】

おすすめ記事

  1. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  2. 【秋の季語】秋高し
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀
  4. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  5. 【夏の季語】海の家
  6. 毛帽子をかなぐりすててのゝしれる     三木朱城【季語=毛帽子(冬)】
  7. 【春の季語】囀る
  8. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  9. 【#36】ベトナムの5 dong ke(ナム・ヨン・ケー)と出会った時の話
  10. 【夏の季語】海の日

Pickup記事

  1. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  2. 【冬の季語】夕霧忌
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  4. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月14日配信分】
  6. 【春の季語】東風
  7. 寝室にねむりの匂ひ稲の花 鈴木光影【季語=稲の花(秋)】
  8. 【春の季語】初花
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  10. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
PAGE TOP