ハイクノミカタ

寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

寒天煮るとろとろ細火鼠の眼

橋本多佳子
(『橋本多佳子全句集』)


角川ソフィア文庫から出た『橋本多佳子全句集』の巻末には季語別索引がついているのでありがたい。ぱらぱら索引を眺めていても「雪」の句が多いことにすぐ気づくことができる。代表句に「雪はげし抱かれて息のつまりしこと」が浮かぶ人も多いであろうこの俳人においては、まったく予想通りといえば予想通りということになるだろうか。ただ、「雪」の字が入っていれば全部載せている感じなので、厳密に冬の季語としての「雪」を見るためには、各ページを丁寧に当たらないといけない。

ひとまず雪の句を眺めてみようと思い、各ページを捲っていくと、雪の句だけではなく気づいたことがあった。橋本多佳子は連作で俳句を詠むにあたり、働く人をテーマとしているのが目に付くのだ。たとえば、ふらんす堂のHPの「髙柳克弘の現代俳句ノート」の冒頭も「わがために春潮深く海女ゆけり」で、おそらく金を払えば何かを潜って取ってくる海女を連作で詠んでいる。掲句も「八ッ嶽山麓夜久野に「寒天」造りを見る。雪野日に眩し」と前書きのある連作中の一句であり、つまり寒天工場を見学して句を詠んでいる。しかしこの句は、そう書かないといわゆる「台所俳句」のように読まれてしまう可能性も感じる。また、下五の「鼠の目」は、火の管理をしている人物の目を細めて火加減を見ている姿のようにも思われる。が、後に続く句が「家鼠を見て野鼠が走るや雪明り」とくるので、人間の目からの連想なのかと思いきや、本当に鼠を見て詠んだ連作だったのか、となる(一瞬「火鼠」のことも連想した)。そうすると、掲句のおもしろさは、厳寒の中の作業ながら、人間に火があるこころの緩みを感じる一方、そこで自然からの眼が生きている、ということになってくるか。更に言えば、実際に寒天の材料である天草を煮ているところにいた経験のある人はわかると思うが、長くそばに居るのが苦痛と感じるほど嫌なにおいがするはずだ。この句は、どうやらそのようなノイズを切り捨て、視覚の中の情報にフォーカスして一句を成立させている。こんな具合で、『橋本多佳子全句集』を使って連作の読み方についてあれこれ考えてみるのも面白いことかも知れない。

橋本直


【橋本直のバックナンバー】

>>〔70〕ばばばかと書かれし壁の干菜かな            高濱虚子
>>〔69〕大寒の一戸もかくれなき故郷     飯田龍太
>>〔68〕付喪神いま立ちかへる液雨かな     秦夕美
>>〔67〕澤龜の萬歳見せう御國ぶり      正岡子規
>>〔66〕あたゝかに六日年越よき月夜    大場白水郎
>>〔65〕大年やおのづからなる梁響      芝不器男
>>〔64〕戸隠の山より風邪の神の来る    今井杏太郎
>>〔63〕天籟を猫と聞き居る夜半の冬     佐藤春夫
>>〔62〕暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり     鈴木六林男
>>〔61〕ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
>>〔60〕冬真昼わが影不意に生れたり     桂信子
>>〔59〕雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴
>>〔58〕枯芦の沈む沈むと喚びをり      柿本多映
>>〔57〕みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生
>>〔56〕あきかぜの疾渡る空を仰ぎけり  久保田万太郎
>>〔55〕自動車も水のひとつや秋の暮     攝津幸彦
>>〔54〕みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房
>>〔53〕言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火
>>〔52〕南海多感に物象定か獺祭忌     中村草田男
>>〔51〕胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋    鷹羽狩行
>>〔50〕ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
>>〔49〕彎曲し火傷し爆心地のマラソン    金子兜太
>>〔48〕蜩やチパナスのあたり雲走る     井岡咀芳
>>〔47〕日まはりは鬼の顔して並びゐる    星野麦人
>>〔46〕わが畑もおそろかならず麦は穂に  篠田悌二郎
>>〔45〕片影にこぼれし塩の点々たり     大野林火
>>〔44〕もろ手入れ西瓜提灯ともしけり   大橋櫻坡子
>>〔43〕美しき緑走れり夏料理        星野立子
>>〔42〕遊女屋のあな高座敷星まつり     中村汀女
>>〔41〕のこるたなごころ白桃一つ置く   小川双々子
>>〔40〕海女ひとり潜づく山浦雲の峰     井本農一
>>〔39〕太宰忌や誰が喀啖の青みどろ    堀井春一郎
>>〔38〕草田男やよもだ志向もところてん    村上護
>>〔37〕水底を涼しき風のわたるなり     会津八一
>>〔36〕棕梠の葉に高き雨垂れ青峰忌    秋元不死男
>>〔35〕谺して山ほととぎすほしいまゝ    杉田久女
>>〔34〕夕立や野に二筋の水柱       広江八重桜
>>〔33〕雲の上に綾蝶舞い雷鳴す      石牟礼道子
>>〔32〕尺蠖の己れの宙を疑はず       飯島晴子
>>〔31〕生前の長湯の母を待つ暮春      三橋敏雄
>>〔30〕産みたての卵や一つ大新緑      橋本夢道
>>〔29〕非常口に緑の男いつも逃げ     田川飛旅子
>>〔28〕おにはにはにはにはとりがゐるはるは  大畑等
>>〔27〕鳥の巣に鳥が入つてゆくところ   波多野爽波
>>〔26〕花の影寝まじ未来が恐しき      小林一茶
>>〔25〕海松かゝるつなみのあとの木立かな  正岡子規
>>〔24〕白梅や天没地没虚空没        永田耕衣
>>〔23〕隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな  加藤楸邨
>>〔22〕幻影の春泥に投げ出されし靴     星野立子
>>〔21〕餅花のさきの折鶴ふと廻る       篠原梵

>>〔20〕ふゆの春卵をのぞくひかりかな    夏目成美
>>〔19〕オリヲンの真下春立つ雪の宿     前田普羅
>>〔18〕同じ事を二本のレール思はざる    阿部青鞋 
>>〔17〕死なさじと肩つかまるゝ氷の下    寺田京子
>>〔16〕初場所や昔しこ名に寒玉子     百合山羽公
>>〔15〕土器に浸みゆく神酒や初詣      高浜年尾
>>〔14〕大年の夜に入る多摩の流れかな   飯田龍太
>>〔13〕柊を幸多かれと飾りけり       夏目漱石
>>〔12〕杖上げて枯野の雲を縦に裂く     西東三鬼
>>〔11〕波冴ゆる流木立たん立たんとす    山口草堂
>>〔10〕はやり風邪下着上着と骨で立つ    村井和一
>>〔9〕水鳥の夕日に染まるとき鳴けり    林原耒井
>>〔8〕山茶花の弁流れ来る坂路かな     横光利一
>>〔7〕さて、どちらへ行かう風がふく     山頭火
>>〔6〕紅葉の色きはまりて風を絶つ     中川宋淵
>>〔5〕をぎはらにあした花咲きみな殺し   塚本邦雄
>>〔4〕ひっくゝりつっ立てば早案山子かな  高田蝶衣
>>〔3〕大いなる梵字のもつれ穴まどひ     竹中宏
>>〔2〕秋鰺の青流すほど水をかけ     長谷川秋子
>>〔1〕色里や十歩離れて秋の風       正岡子規


【執筆者プロフィール】
橋本直(はしもと・すなお)
1967年愛媛県生。「豈」同人。現代俳句協会会員。現在、「楓」(邑久光明園)俳句欄選者。神奈川大学高校生俳句大賞予選選者。合同句集『水の星』(2011年)、『鬼』(2016年)いずれも私家版。第一句集『符籙』(左右社、2020年)。共著『諸注評釈 新芭蕉俳句大成』(明治書院、2014年)、『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』(ふらんす堂、2018年)他。


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  2. 指は一粒回してはづす夜の葡萄 上田信治【季語=葡萄(秋)】
  3. 本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】
  4. 秋虱痼  小津夜景【季語=秋虱(秋)】
  5. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  6. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  7. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  8. 追ふ蝶と追はれる蝶と入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP