堀切克洋の「パリ子育て俳句さんぽ」【ラジオ】

「パリ子育て俳句さんぽ」【4月16日配信分】

セクト・ポクリット管理人の堀切です。

今週も謎の店主サチヨさんがこの世のどこかで開店しているアートの溜まり場〈浮かぶカフェ〉にお邪魔しております。

Youtube(下記リンク)でも聴くことができますし、その他、Podcast、Anchor、Spotifyなどでも視聴できますよー。

ここのところつづいている「セクト・ポクリット」についての裏話(?)。

ハイクノミカタでは7名の俳人に曜日代わりで面白い俳句を紹介していただいていますが、その執筆陣のご紹介もついにフィニッシュ、水曜の月野ぽぽなさん、木曜の橋本直さんとのこと、お話ししています。

いつもふわふわと話させていただいていますが、ちょうど「シーズン3」もそろそろ完結(?)ということです。いつもお聞きいただき、ありがとうございます。

よい春を楽しんでくださいませ。

(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  3. 【#26-4】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(4)
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第4回】2010年/2011…
  5. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷…
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第82回】歌代美遥
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第61回】松野苑子

おすすめ記事

  1. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  2. 麦からを焼く火にひたと夜は来ぬ 長谷川素逝【季語=麦からを焼く?】
  3. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  4. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
  5. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  7. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  8. 【春の季語】雨水
  9. 浄土からアンコールワットへ大西日 佐藤文子【季語=西日(夏)】
  10. うららかや帽子の入る丸い箱 茅根知子【季語=うららか(春)】

Pickup記事

  1. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  3. 【冬の季語】水仙
  4. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  5. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のオムライス
  7. 【冬の季語】冬眠
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」プレ・バスケーズ
  9. 朝顔の数なんとなく増えてゐる 相沢文子【季語=朝顔(秋)】
  10. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
PAGE TOP