連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」アボカドと蟹のムース


アボカドと蟹のムース

Mousse de crabe et d’avocat


アボカドと蟹のムース。
アボカドは日本でもフランスでも輸入果物なので、季節を問わず手に入るのですが、火を使わずに調理できるのが夏場にうれしい食材ですね。
ほぐしたかに缶や生クリームと合わせた冷たいムースには、ライムやクミンを効かせています。パンにつけても、冷やしたロゼワインにも、よく合いますよ。

ところでフランス語では、「アボカド」と「弁護士」どちらも「avocat」。スペルも読みも全く同じ同音異義語なんですね。
果物のアボカドは、原産地である中米スペイン語圏からの外来語。
弁護士のほうは、ラテン語に由来します。中世ヨーロッパで教会や修道院の権利や資産を守る代理人advocatus が起源なのだそうです。

山蟹のさばしる赤さ見たりけり  加藤楸邨

季語【蟹】【山蟹】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第79回】佐怒賀直美
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第24回】近恵
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【1月22日配信分】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月30日配信分】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞…

おすすめ記事

  1. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  2. 時雨るるや新幹線の長きかほ 津川絵理子【季語=時雨(冬)】
  3. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)
  4. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  5. 雛飾りつゝふと命惜しきかな 星野立子【季語=雛飾る(春)】
  6. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  7. 秋天に雲一つなき仮病の日 澤田和弥【季語=秋天(秋)】
  8. 立春の零下二十度の吐息 三品吏紀【季語=立春(春)】 
  9. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  10. 【新年の季語】歌留多会

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  3. 【新番組】「ラジオ・ポクリット」【第1回】(ゲスト:鈴木牛後さん)
  4. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  5. 【銀漢亭スピンオフ企画】ホヤケン/田中泥炭【特別寄稿】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  7. 人のかほ描かれてゐたる巣箱かな 藤原暢子【季語=巣箱(春)】 
  8. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  9. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  10. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
PAGE TOP