連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー


ゼブラのガトー

Gâteau zebré


バレンタインデーに「女の子が男の子にチョコレートをあげる」という日本独特の風習が生まれたのはいつなのでしょう。

私が小学生の頃、子供の間でも「バレンタイン」ということが言われはじめた気がします(四十年以上前です)。

社会人になりたての頃は「義理チョコ」全盛期でした。

最近の子供たちになると、「男の子に」という要素はすっかり薄れ、女の子の友達どうしで手作りのお菓子を交換する「友チョコ」なるものが主流に。こういうことも、時代につれて変化しているのですよね。

友チョコブームの影響か、二月になると私もなんとなくお菓子を焼きたくなってしまいます。

バニラとココア、二色の生地でつくる「ゼブラのガトー」。動物みたいなしましま模様の断面が楽しい、素朴なケーキです。

フランスのバレンタインデーには、こぞってチョコレートを贈るといった習慣はありません。2月14日が聖バレンタインの日なのはたしかですが、フランスの暦は365日すべての日に守護聖人があり、毎日が何かしらの「聖〇〇の日」なのです。

聖バレンタインの日を祝うご夫婦や恋人たちももちろんいるでしょうが、人それぞれ。

ちなみに今日2月22日は「コルトナの聖マルガリータ」の日。娼婦たちの守護聖人、ですって。

恋猫の恋する猫で押し通す  永田耕衣

季語【恋猫】【猫の恋】【バレンタインデー】【バレンタインの日】【二月】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。

*本記事は本家では2月22日更新分でしたが、転載が少し遅くなってしまいましたこと、お詫びいたします(更新遅いな〜と思われて楽しみにされていたみなさん、すみません!!)。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【11】服部崇
  2. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし…
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  8. 【#19】子猫たちのいる場所

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬銀河
  2. 【特別寄稿】屋根裏バル鱗kokera/中村かりん
  3. 【冬の季語】忘年
  4. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年3月分】
  6. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
  7. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  9. 瀧見人子を先だてて来りけり 飯島晴子【季語=滝見(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第23回】松代展枝

Pickup記事

  1. 埋火もきゆやなみだの烹る音 芭蕉【季語=埋火(冬)】
  2. 【冬の季語】小寒
  3. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  4. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. 而して蕃茄の酸味口にあり 嶋田青峰【季語=トマト(夏)】
  7. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  8. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第46回】 但馬豊岡と京極杞陽
  10. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
PAGE TOP