ハイクノミカタ

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】


柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺)

正岡子規


本を読んでいると、気になる言い回しというのにしばしば遭遇します。たとえば今日は「言わずと知れた」という言い回しを目にしたのですが、これってどのくらい人口に膾炙してる事柄だったら自然かつ妥当なのでしょう。わたしは何につけ教養がないので「いや。知らないんだけど?」と思うことがしょっちゅうで、時にはこの言い回しが知る人と知らない人との間にサロン的結界を張っているかのようにも映るんですよ。で、そのたびに「この人はいったい誰に向かって書いているのだろう」とか「読者に伝えるってどういうことだと思っているのだろう」などと想像してみるのでした。

どんな事柄であれ、知らない人が必ずいるのが世の中というもの。俳句の話をすると、おそらく日本で一番有名なのは松尾芭蕉の〈古池や蛙飛びこむ水の音〉ですが、この俳句が「言わずと知れた」ものかというと、うーんどうなんでしょう、わたしはちょっと怪しいと思います。

とここまで書いて、いまとつぜん「ん? ちょっと待って。そもそも日本で一番有名な俳句ってほんとに〈古池や蛙飛びこむ水の音〉なのかしら?」と疑問が湧きました。なんか違うような気がしません?  うん、たぶん違いますね。子供のころを思い出してみるに、こちらの方が誰の口にものぼり、その扱いがほとんど諺の域に達していたはずです。

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺  正岡子規

初出は『海南新聞』1895年11月8日号。〈古池や蛙飛びこむ水の音〉が意味に偏っているのに比べ〈柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺〉は音がひとつひとつ粒立って、勢いあり、鋭さあり、伸びあり、跳ねありといった風で愛唱されるにぴったりです。内容面では「食ったら鳴った」の連鎖が明快かつ劇的で、きれいに理を欠いている分やはり口ずさみやすい。柿の味覚から鐘の聴覚、そして法隆寺のある風景への視覚といった五感の転じもテンポ良く、構成も見事。良い意味での「ポピュラリティの最高峰」といえるでしょう。

そんなわけで、法隆寺の茶店に憩ひつつ、子規が好物の柿にかぶりついているようすが目に鮮やかなこの句ですが、実のところ内容はフィクションのようです。また夏目漱石の〈鐘つけば銀杏ちるなり建長寺〉への返歌ではないかとも言われています。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔50〕ミステリートレインが着く猿の星   飯島章友
>>〔49〕あさがほのたゝみ皺はも潦      佐藤文香
>>〔48〕かき冰青白赤や混ぜれば黎      堀田季何
>>〔47〕けさ秋の一帆生みぬ中の海       原石鼎
>>〔46〕おやすみ
>>〔45〕藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
>>〔44〕カルーセル一曲分の夏日陰        鳥井雪
>>〔43〕ひと魂でゆく気散じや夏の原     葛飾北斎
>>〔42〕海底に足跡のあるいい天気   『誹風柳多留』
>>〔41〕ひまわりと俺たちなんだか美男子なり  谷佳紀
>>〔40〕かけろふやくだけて物を思ふ猫      論派
>>〔39〕木琴のきこゆる風も罌粟畠       岩田潔
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  2. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  3. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 …
  4. 夕焼や答へぬベルを押して立つ 久保ゐの吉【季語=夕焼(夏)】
  5. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  6. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  7. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  8. エリックのばかばかばかと桜降る 太田うさぎ【季語=桜(春)】

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  2. 【春の季語】囀
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  4. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  5. 折々己れにおどろく噴水時の中 中村草田男【季語=噴水(夏)】
  6. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  8. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】
  9. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】
  10. 実るなと掴む乳房や春嵐 渡邉美愛【季語=春嵐(春)】

Pickup記事

  1. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  2. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  3. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  4. わが腕は翼風花抱き受け 世古諏訪【季語=風花(冬)】
  5. 花臭木に蝶のせはしや浮かび沈み 本井英【季語=臭木の花(秋)】
  6. 青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ 河野南畦【季語=青葉冷(夏)】
  7. 【夏の季語】葉桜
  8. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  9. 【新年の季語】門の松
  10. 【特別寄稿】「十年目に震災句について考える」小田島渚
PAGE TOP