神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英

銀漢亭のおみそ

本井英(「夏潮」主宰)

私は子供の頃から鎌倉・逗子に住んでいるので「夜の東京」には、あまり縁がない。なにしろ日付が替わる頃には終電が無くなり、帰宅不能になってしまう。だから飲んでいても何時も時間を気にし、酩酊しないように気を遣う。夜の盛り場で「もう一軒!」などと酔い心地を楽しんでおられる御仁を見かけると、なんとも羨ましくて仕方がない。

という訳で、俳句の世界で有名な「銀漢亭」さんにも、数えることが出来るくらいしか伺っていないし、それも同じ逗子在住の山田真砂年さんとご一緒のときばかりだったと思う。なにしろ真砂年さんとご一緒なら時間を間違える心配もないし、逗子まで連れて帰ってもらえるので、こんな安心なことは無いからだ。いま、このことを書きながら、同じ「逗子組」の草間時彦先生がご存命だったら、どうだったかしらと思った。詳しいことは判らないのだが草間先生は「銀漢亭」にいらしたことがあっただろうか。もしいらしたことが無いのだったら、一度「銀漢亭」の楽しさを先生に味わわせたかった。

というわけで、私は「銀漢亭」では「おみそ」みたいな存在だったから「勇猛果敢」なる「ご常連」達を余り存じ上げない。ただ小川洋太さんばかりは、彼がまだ「子供」だった時代から存じ上げていたので、お顔を見かけると一寸嬉しくなった。

またいつか「銀漢亭Ⅱ」が夜の町に現れたら、もう一度行ってみたい。とはいうものの、三年前の病気以来、全く酒を飲まなくなってしまった私が注文できるメニューはあるかしら。「ぜんざい」一つなどと言ったら叱られそうだ。


【執筆者プロフィール】
本井英(もとい・えい)
1945年生まれ。俳誌「夏潮」主宰。大磯鴫立庵第第二十三世庵主。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー1】 網走と臼田亞浪
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第35回】英彦山と杉田久女
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏…
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第113回】佐古田亮介
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年12月分】

おすすめ記事

  1. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  2. 【夏の季語】桐の花
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  4. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮
  5. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  6. 牡蠣舟やレストーランの灯をかぶり      大岡龍男【季語=牡蠣舟(冬)】
  7. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  8. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  9. 雨だれを聴きて信濃の濁り酒 德田千鶴子【季語=濁り酒(秋)】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)

Pickup記事

  1. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  2. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  3. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  4. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  5. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  6. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  7. 【#26-1】愛媛県南予地方と宇和島の牛鬼(1)
  8. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  9. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
PAGE TOP