広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【第59回】
宇都宮と平畑静塔

広渡敬雄(「沖」「塔の会」)


栃木市巴波川(うずまがわ)

宇都宮市は、関東平野の中北部に位置し、東京より北に約百キロの栃木県の県庁所在地。古代は下野国、奥州街道の宿場町で、江戸時代には、徳川家康を祀る日光東照宮も近く、譜代大名が知行した。夏は雷が多く(雷都)、冬は「男体颪し」で寒さが厳しい。市内は二荒山神社、宇都宮城址を中心に広がり、内陸型近代工業の街で、「餃子」も名高い。西方の大谷は大谷石、南方の旧石橋町は乾瓢で知られ、県名にもなった観光地栃木市は、南西方の商都であった。

大谷観音

徐々に徐々に月下の俘虜として進む 平畑静塔

古庭に鶯啼きぬ日もすがら     与謝蕪村

万緑の中さやさやと楓あり(多気不動) 山口青邨

男体山どかつと据ゑて稲穂波    星野乃梨子

干瓢乾し村に白雲殖やすごとし   大串 章

石切の奈落百丈春寒し       今井つる女

罌粟の昼切り出す石のどれも青し  加倉井秋を

栃木かな春の焚火を七つ見て    西村麒麟

〈俘虜〉の句は、「現代俳句」昭和二十二年五月号掲載後、第一句集『月下の俘虜』の「上海集中営」(十八句)連作に収録の句集名となった代表句。「無用の徒は、静かに己れの国に帰るべしが、この句の底に残っている」と自註にある。 

他に〈武器を地に(かさ)ね木犀かぐはしき〉〈俘虜貨車の日覆はためき疾走す〉もあり、下野市の霊苑に句碑がある。

平畑静塔句碑(写真提供:星野乃梨子氏)

「俘虜の集団は、月光に照らされ浮び上がる黒い塊として描かれ、その根底には諦念にも似た絶望がある」(田中亜美)、「歩む姿が悲愴であると同時にある種の美しさを湛えており、皆受難者のように見える」(兼城雄)の鑑賞がある。

大谷石採掘跡

平畑静塔は、明治三十八(一九〇五)年、和歌山県海草郡和歌浦町生れ、本名富次郎。旧制和歌山中学より三高を経て大正十五(一九二六)年京都帝国大学医学部に入学後「京大三高俳句会」に入り、「京鹿子」「破魔弓」「ホトトギス」に投句。昭和八(一九三三)年藤後左右らと「京大俳句」を創刊し、山口誓子らを顧問に迎え、西東三鬼らの登場で「新興俳句」の一大拠点となった。が、同十五年の所謂「京大事件」で静塔も治安維持法違反で検挙され執行猶予となり、俳句から離れる(「京大俳句」廃刊)。精神病医として病院勤務後応召され、南京陸軍病院に勤務中に終戦を迎え俘虜となったが、同二十一(一九四六)年帰還し、大阪女子医専教授に就任。三鬼の熱心な復帰勧誘で、誓子を掲げ「天狼」編集長として創刊に関わった。旅館日吉館での誓子、三鬼、橋本多佳子、右城暮石等の伝説の「奈良句会」が知られる。同二十六年にカトリックの洗礼を受け、「俳人格」説(馬酔木四月号)で「俳句性の確立には俳人自身の俳句的な人格の発展と完成が必要」と説いた。

同三十年、誓子の序文の第一句集『月下の俘虜』を刊行した。四十九歳と遅い出発だったが、「飯田蛇笏氏は四十八歳だったと述べ、後年の「大器晩成」ぶりの片鱗をみせる」(川村杳平)。同三十七年、宇都宮に移住し、「宇都宮病院」の顧問となり、俳句観も作品も在来のやや知性中心の面が次第に野趣を帯びて来たと後日述懐する。宇都宮に来てより、同四十六(一九七一)年、句集『栃木集』他にて第5回蛇笏賞、同六十一年には、『矢素』にて第一回詩歌文学館賞、平成七(一九九五)年には、現代俳句大賞を受賞した。

「宇都宮病院事件(不祥事)」で、再度院長に復帰後、同九(一九九七)年逝去し、葬儀は無宗教形式。享年九十二歳。句集は他に『旅鶴』『壺国』『漁歌』、『平畑静塔全句集』、評論、『俳人格 俳句への軌跡』『平畑静塔評論集』がある。

平畑静塔墓所(写真提供:星野乃梨子氏)

「俳句の汎神論的世界観と一神教のキリスト精神は相容れず、その最高の課題であるべき「カトリック的人格」の完成と静塔の言う俳人格とは矛盾しているのではないか」(山本健吉)、「静塔俳句の中に、キリスト教的な要素を過大視するのは禁物である」(四ッ谷龍)、「戦地にも携えたドイツの哲学者ヤスパースの概念・「限界状況」(人間が避け得ない根源的な状況=死や苦悩、二律背反等)を見つめ、寄り添いつつ生きた静塔の人と言葉の軌跡を学ぶべきである」(田中亜美)、「俳人であり、キリスト教徒であることに加え、科学者であり、院長であるという分裂も抱えていたが、〈一縷にて天上の凧とどまれり〉の様に自分を保つしなやかな強さを持っていた」(兼城雄)、「生まれ育ち、学び、俳句界や医学界でも地盤とした関西から夫人と共に宇都宮に移住したのは、それまで蓄えた文化、自ら磨き上げた句の世界を捨てることだった」(石川文之進)等の評がある。

  滝近く郵便局のありにけり 「ホトトギス」

  海苔舟をつなげる松や玉津島 (静塔の原風景)

  終電車手に青栗の君を帰し 「京大俳句」

  帰還兵語るしづかな眼を畏れる 

  葡萄垂れさがる如くに教へたし 『月下の俘虜』

  我を遂に癩の踊の輪に投ず (長島愛生園)

  藁塚に一つの強き棒挿さる (静塔の根源俳句)

  懺悔せず修道院の樹をつかむ 

  蛍火となり鉄門を洩れ出でし

  狂ひても母乳は白し蜂光る

  足袋の底記憶の獄を踏むごとし

  雪片と耶蘇名ルカとを身に着けし

大谷石教会

  初蝶の喜色たらたら精神科 『旅鶴』

  紅葉せり何もなき地の一樹にて

  なき母の声あかぎれの割目から

  稲を刈る夜はしらたまの女体にて『栃木集』

  もう何もするなと死出の薔薇持たす(三鬼の死)

  下り簗青竹の青流れ去る

  鳥銜へ去りぬ花野のわが言葉

  青胡桃みちのくは樹でつながるよ

  壺の国信濃を霧のあふれ出づ 『壺国』

  座る余地まだ涅槃図の中にあり『漁歌』

  箱根改め雪女脱ぐものを脱ぐ

  焚火の輪一人抜けしをつながざる 『矢素』

  身半分かまくらに入れ今晩は (横手にて)

  陶枕やのこる命の夢まくら 『竹柏』

  花見する歩みゆくほど遠くなる

「京大事件」の挫折や三鬼との出会いと死別があったからこそ、その後の深みと屈折と栃木の地の野趣ある作品が生まれたと言えよう。

(書き下ろし)


【執筆者プロフィール】
広渡敬雄(ひろわたり・たかお)
1951年福岡県生まれ。句集『遠賀川』『ライカ』(ふらんす堂)『間取図』(角川書店)。『脚注名句シリーズⅡ・5能村登四郎集』(共著)。2012年、年第58回角川俳句賞受賞。2017年、千葉県俳句大賞準賞。「沖」蒼芒集同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。「塔の会」幹事。著書に『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店)。


<バックナンバー一覧>

【第58回】秩父と金子兜太
【第57回】隠岐と加藤楸邨
【第56回】 白川郷と能村登四郎
【番外ー3】広島と西東三鬼
【番外ー2】足摺岬と松本たかし
【第55回】甲府盆地と福田甲子雄
【第54回】宗谷海峡と山口誓子
【番外ー1】網走と臼田亞浪
【第53回】秋篠寺と稲畑汀子
【第52回】新宿と福永耕二
【第51回】軽井沢と堀口星眠
【第50回】黒部峡谷と福田蓼汀
【第49回】小田原と藤田湘子
【第48回】箕面と後藤夜半
【第47回】房総・鹿野山と渡辺水巴
【第46回】但馬豊岡と京極杞陽
【第45回】池田と日野草城
【第44回】安房と鈴木真砂女
【第43回】淋代海岸と山口青邨
【第42回】山中湖と深見けんニ
【第41回】赤城山と水原秋櫻子


【第40回】青山と中村草田男
【第39回】青森・五所川原と成田千空
【第38回】信濃・辰野と上田五千石
【第37回】龍安寺と高野素十
【第36回】銀座と今井杏太郎
【第35回】英彦山と杉田久女
【第34回】鎌倉と星野立子
【第33回】葛城山と阿波野青畝
【第32回】城ヶ島と松本たかし
【第31回】田園調布と安住敦
【第30回】暗峠と橋閒石

【第29回】横浜と大野林火
【第28回】草津と村越化石
【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
【第26回】小豆島と尾崎放哉
【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
【第24回】近江と森澄雄
【第23回】木曾と宇佐美魚目
【第22回】東山と後藤比奈夫
【第21回】玄界灘と伊藤通明

【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
【第19回】平泉と有馬朗人
【第18回】塩竈と佐藤鬼房
【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
【第15回】能登と飴山實
【第14回】お茶の水と川崎展宏
【第13回】神戸と西東三鬼
【第12回】高千穂と種田山頭火
【第11回】三田と清崎敏郎


【第10回】水無瀬と田中裕明
【第9回】伊勢と八田木枯
【第8回】印南野と永田耕衣
【第7回】大森海岸と大牧広
【第6回】熊野古道と飯島晴子
【第5回】隅田川と富田木歩
【第4回】仙台と芝不器男
【第3回】葛飾と岡本眸
【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
【第1回】吉野と大峯あきら



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村…
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第3回】葛飾と岡本眸
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第85回】土肥あき子
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  5. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第5回】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  7. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP