広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第56回】 白川郷と能村登四郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【第56回】
白川郷と能村登四郎

広渡敬雄(「沖」「塔の会」)


白川郷(白川村)は岐阜県の最北部の白山連峰の直下を流れる庄川沿いの十幾つの集落からなる。昭和20年代からの電源開発で多くの合掌集落が湖底に沈んだが、荻町地区には合掌造りの民家が百棟以上残る。平成7(1995)年ユネスコ世界遺産に登録され、内外の観光客で賑う。

白川郷

暁紅に露の藁屋根合掌す     能村登四郎

粟大事むしろを深く合はせ干す  橋本鶏二

円座より見上げ火天(ほあま)の煤埃    伊藤白潮

合掌建つなぐ乏しき冬菜畑    加藤岳雄

白川郷雪の紅葉となりにけり   下本 愛

合掌家捻苧(ねそ)の締まりも秋の声   細川洋子

湿りたる灰なだめつつ夏炉焚く  中根美保

〈藁屋根〉は、昭和30年作。「角川」昭和30年10月号に、澤木欣一「能登鹽田」と共に掲載された。「社会性俳句」の代表とみなされ、一躍俳壇の寵児となった三十五句の一句。同時作の〈白川村夕霧すでに湖底めく〉〈優曇華や寂と組まれし父祖の梁〉〈訥々とたゞ露けさの飛騨言葉〉も知られる。句集『合掌部落』に収録。第一句集『咀嚼音』で人間の生きる哀しみに眼を向け、己と家族の日常や教師としての生活をテーマにしたため、余りに「個」に執着しすぎたと反省、視野を拡げ俳句に社会性を盛り込むべきと、御母衣ダムに埋没する白川村を訪ねての作。

「朝露にびっしょり濡れて森を抜けると、眼の前に三階造りの藁葺き屋根の民家が立っていた。朝の炊煙がほのぼのと洩れていた。私は殆ど戦慄に近い感動で立ちつくした」と自註にあり、平成五年、当地に句碑が建立された。

「良い時に合掌部落の記録―村民の湖底の歎きーを俳句で誌しておいてくれた」(山本健吉)、「暁紅に合掌する構成に、季語の「露」も利いている」(林翔)の鑑賞がある。

能村登四郎は、明治44(1911)年、東京都台東区谷中に生まれる。建築業の父は金沢生れ、母は生粋の江戸っ子であった。錦城中学頃より、文学、歌舞伎に関心を持ち、国学院大学高等師範部で折口信夫(釈迢空)の短歌同人誌「装填」の同人になった。卒業後の昭和13(1938)年、千葉県市川市の新設中学に奉職、翌年大学同窓の林翔も続いた。同15年結婚、「馬酔木」に投句し始めるも一、二句入選だった。

御母衣ダム(電源開発)

昭和二十年には空襲で妻の実家が被災、自身も召集を受け、拳母(現豊田市)に入隊した。終戦で復員後教員に戻り、俳句も本格的にやり直し、篠田悌二郎の指導で、林翔、藤田湘子、殿村菟絲子、馬場移公子と切磋琢磨した。三回の馬酔木巻頭で湘子と共に馬酔木新人賞、同三十年、秋櫻子の序、波郷の跋の第一句集『咀嚼音』を刊行、翌31(1956)年、馬酔木賞に加え、現代俳句協会賞を金子兜太と共に受賞した。

同36年、秋櫻子、波郷に応じ現代俳句協会を脱会し、俳人協会に入会し、その後「塔の会」も結成。同45年、第三句集『枯野の沖』を上梓し、「俳句」に「伝統俳句の享受者にとどまらず、明日への創造をなしうる真の継承者であり続ける」との趣旨の「わが俳論・伝統の流れの端に立って」を発表し、八十八名で「沖」を創刊主宰、意欲的に全国を巡った。同54(1979)年、讀賣俳壇選者となり、同五十六年の師秋櫻子逝去に伴い、「馬酔木」を脱会した。

「角川俳句賞」選考委員も務め、同60年、句集『天上華』で蛇笏賞、平成五(1993)年には、句集『長嘯』で詩歌文学館賞を受賞し、同13(2001)年逝去。享年90歳。

白川郷合掌家

「老いても俳句のエネルギーは衰えず、格調や即物具象の清冽さが横溢していた」(能村研三)、「表現者登四郎にとって、森羅万象、生きとし生けるもの、それが己れであっても、全て面白く、俯瞰して又接写して被写体となり俳句となって表れる。この世の全てが虚実皮膜の内に見透せた」(北川英子)、「新しい句集ごとに古い自分を脱ぎ捨てる、即ち自己更新に燃えた作家。師秋櫻子にない人間詠に加え、蕉風俳諧の根本理念「ほそみ」も言及すべきである」(中原道夫)、「登四郎の句は醒めた知性を保ち続け、孤独の意識を失うことはなく、その槍を胸中の広がる地に受けることになる」(高柳克弘)等の評がある。

長靴に腰埋め野分の老教師  『底本咀嚼音』

子にみやげなき秋の夜の肩ぐるま

汗ばみて加賀強情の血ありけり 『合掌部落』

霧をゆき父子同紺の登山帽

火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ 『枯野の沖』

敵手と食ふ血の厚肉と黒葡萄 

春ひとり槍投げて槍に歩み寄る 

「沖」創刊
曼珠沙華天のかぎりを青充たす 『民話』

白桃をすするや時も豊満に

手をつなぎくる湖の小春波 『幻山水』

龍安寺
睦みては拒み忘春の石十五 『有為の山』

魞挿して湖の憂色はじまれり 『冬の音楽』

ほたる火の冷たさをこそ火と言はめ 『天上華』

「馬酔木」辞す
一雁の列をそれたる羽音かな

妻逝去
朴散りし後妻が咲く天上華 

身を裂いて咲く朝顔のありにけり 『寒九』

初あかりそのまま命あかりかな

瓜人先生羽化このかたの大霞 

夏掛のみづいろといふ自愛かな 『菊塵』

蠅叩くには手ごろなる俳誌あり

今思へば皆遠火事のごとくなり 

霜掃きし帚しばらくして倒る 『長嘯』

次の世は潮吹貝にでもなるか

甚平を着て今にして見ゆるもの

長子次子稚くて逝けり浮いて来い『易水』

跳ぶ時の内股しろき蟇

火取虫男の夢は瞑るまで

裏返るさびしさ海月くり返す 『芒種』

春潮の遠鳴る能登を母郷とす 『羽化』

月明に我立つ他は帚草

行春を死でしめくくる人ひとり (辞世)

加賀強情の血を誇りとし、歌舞伎、絵画、能、茶等数多の素養に裏打ちされた「(なり)」の大きな俳人で、「形」以上の句は出来ないと、句集毎に自己更新する作家だった。

(書き下ろし)


【執筆者プロフィール】
広渡敬雄(ひろわたり・たかお)
1951年福岡県生まれ。句集『遠賀川』『ライカ』(ふらんす堂)『間取図』(角川書店)。『脚注名句シリーズⅡ・5能村登四郎集』(共著)。2012年、年第58回角川俳句賞受賞。2017年、千葉県俳句大賞準賞。「沖」蒼芒集同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。「塔の会」幹事。著書に『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店)。


<バックナンバー一覧>

【番外ー3】広島と西東三鬼
【番外ー2】足摺岬と松本たかし
【第55回】甲府盆地と福田甲子雄
【第54回】宗谷海峡と山口誓子
【番外ー1】網走と臼田亞浪
【第53回】秋篠寺と稲畑汀子
【第52回】新宿と福永耕二
【第51回】軽井沢と堀口星眠
【第50回】黒部峡谷と福田蓼汀
【第49回】小田原と藤田湘子
【第48回】箕面と後藤夜半
【第47回】房総・鹿野山と渡辺水巴
【第46回】但馬豊岡と京極杞陽
【第45回】池田と日野草城
【第44回】安房と鈴木真砂女
【第43回】淋代海岸と山口青邨
【第42回】山中湖と深見けんニ
【第41回】赤城山と水原秋櫻子


【第40回】青山と中村草田男
【第39回】青森・五所川原と成田千空
【第38回】信濃・辰野と上田五千石
【第37回】龍安寺と高野素十
【第36回】銀座と今井杏太郎
【第35回】英彦山と杉田久女
【第34回】鎌倉と星野立子
【第33回】葛城山と阿波野青畝
【第32回】城ヶ島と松本たかし
【第31回】田園調布と安住敦
【第30回】暗峠と橋閒石

【第29回】横浜と大野林火
【第28回】草津と村越化石
【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
【第26回】小豆島と尾崎放哉
【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
【第24回】近江と森澄雄
【第23回】木曾と宇佐美魚目
【第22回】東山と後藤比奈夫
【第21回】玄界灘と伊藤通明

【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
【第19回】平泉と有馬朗人
【第18回】塩竈と佐藤鬼房
【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
【第15回】能登と飴山實
【第14回】お茶の水と川崎展宏
【第13回】神戸と西東三鬼
【第12回】高千穂と種田山頭火
【第11回】三田と清崎敏郎


【第10回】水無瀬と田中裕明
【第9回】伊勢と八田木枯
【第8回】印南野と永田耕衣
【第7回】大森海岸と大牧広
【第6回】熊野古道と飯島晴子
【第5回】隅田川と富田木歩
【第4回】仙台と芝不器男
【第3回】葛飾と岡本眸
【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
【第1回】吉野と大峯あきら



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第6回】天野小石
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第30回】暗峠と橋閒石
  3. ハイシノミカタ【#3】「街」(今井聖主宰)
  4. 【新連載】歳時記のトリセツ(1)/村上鞆彦さん
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  6. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第6回】熊野古道と飯島晴子
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP