神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子

やあ、どうもどうも

山崎祐子(「りいの」「絵空」同人)

初めて銀漢亭を訪ねたのは2010年の12月。

少し前に、超結社の句会で伊那男さんと知り合ったのが縁の始まりだった。そこでお店のことを知り、父兄同伴ではなく息子同伴で、銀漢亭を訪ねたのである。

遅い時間であったせいか、この夜は先客も私たちと入れ替わるように帰ってしまった。伊那男さんのトークも楽しく、親子で長い時間気持ちよく飲んだ。

二回目はクリスマス。前回、長居してしまったお詫びをと、少しだけ立ち寄るつもりだったのだけれど、それが強烈な夜となった。

前回の印象とは全く違い、次々と人が集まり、喧噪の坩堝。サンタクロースの赤い帽子は手渡され、わからないうちに巻き込まれた。

私にとっては初対面の方ばかりなのだが、「やあ、どうもどうも」ですんでしまう不思議な人たちに囲まれた。

乾杯すれば、皆、友達のような雰囲気。実は、私の人生で、一人で飲みに行くというのは、このクリスマスが初めての経験。

あんなに緊張してドアノブに手をかけたのは何だったのか。しかし、おかげさまで、その後の人生がどれだけ豊かになったことか。感謝しかない。

私は仕事帰りに銀漢亭に寄ることが多く、割と早い時間に行く。まだ早過ぎるかなあと思って扉を開けると、常連の早番の先客がいることがしばしば。

早く帰るつもりが、お姉様やおじさま方と話し込んで最後までいることもしばしば。飲んでいるときに誘われ「行く、行く」ということになり、吟行なのかすらわからないのに加わったことも複数。これがまた飛びっ切り楽しいものばかり。

カウンターで飲んでいる人の後ろを、身を細くしてすり抜けていく。「やあ、どうもどうも」という声が今でも聞こえてくるようだ。誰の声だったのか、わかるような、わからないような。でも、それが銀漢亭なのだ。


【執筆者プロフィール】
山崎祐子(やまざき・ゆうこ)
年齢不詳。平成2年「風」同人。「風」終刊後「万象」を経て、現在「りいの」「絵空」同人。句集『点睛』(第28回俳人協会新人賞)、『葉脈図』


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第69回】 東吉野村と三橋敏…
  2. 【連載】歳時記のトリセツ(3)/鈴木牛後さん
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第12回】佐怒賀正美
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第50回】望月周
  7. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初…
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…

おすすめ記事

  1. 真っ白な番の蝶よ秋草に 木村丹乙【季語=秋草(秋)】
  2. 【春の季語】二月
  3. 中年の恋のだんだら日覆かな 星野石雀【季語=日覆(夏)】
  4. 【冬の季語】兎狩
  5. 【冬の季語】寒い
  6. 【夏の季語】サマーセーター/サマーニット
  7. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  8. 【夏の季語】夏至
  9. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  10. どつさりと菊着せられて切腹す 仙田洋子【季語=菊(秋)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】梅雨明
  2. あぢさゐはすべて残像ではないか 山口優夢【季語=紫陽花(夏)】
  3. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  4. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  5. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年1月分】
  8. タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子【季語=鳥雲に(春)】
  9. 【冬の季語】浮寝鳥
  10. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
PAGE TOP