神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛

銀漢亭の片隅で

坂崎重盛(エッセイスト)

銀漢亭には前を通りかかってフラリと入った。たしか、看板と看板の文字が素敵だなと思ったからではなかったか。それに、銀漢、って天の川のことでしょ。秋の季語。洒落ているじゃないですか。

そういえば、あとで知ればご主人は凄腕の俳人とか。ときどき店内は句会の場になっていましたものねぇ。

それはさておき。ご存知のように、このお店は基本、立ち飲み。でも、体力のないぼくは、椅子に座れる小さなコーナーが好きだったな。女性と一緒のとき、そこに隣り合って座ると二人の世界が出来上がる気がして。

面白かったのは、たしか小さい竹籠にお金を入れて、そこから注文した分だけ払ってゆく。

ぼくのツマミの定番は、とにかくじゃこ山椒。あとはその日の手作りの肴。日本酒もワインも安くておいしくて、とても使い勝手のいいお店でした。

ご主人もとにかく自然体で、折り入った話をしたことはないのですが、いつも気持ちよく対応していただきました。

もうひとつ。お店を手伝っている人もお客も、女性が大人というか魅力のある人が多かった気がする。こちらが役不足で、お友達にはなれなかったけど。

仲間内では、ここ銀漢亭を知っているかいないかで、街歩きの伎倆、実力が判断されるみたいなところもあって、その道の猛者のジャーナリストの鈴木琢磨さんや、酒縁道を提唱するカリスマ酒場詩人の吉田類さんとも連れ立って訪れたこともある。

往事茫茫。時の流れはミルキーウェイ。またひとつ、懐かしい、小さな空間が消えてゆく。

ただ、思い出は、ふとしたときに、エーテルのように、甦りただよう。それだけでも、ありがとう。感謝です。

坂崎さんの代表作のひとつ『東京煮込み横丁評判記』(中公文庫)/画像をクリックするとAmazonにリンクします


【執筆者プロフィール】
坂崎重盛(さかざき・しげもり)
1942年、東京生まれ。エッセイスト。著書に『東京煮込み横丁評判記』『ぼくのおかしなおかしなステッキ生活』など多数。近刊に『元祖・本家の店めぐり町歩き』(芸術新聞社、2019年、南伸坊との共著)。俳号「露骨」、都々逸作家名は「鴬啼亭捨月」



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  2. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#03】Sex Pistolsを初…
  4. 【連載】俳人のホンダナ!#4 西生ゆかり
  5. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  6. シゴハイ【第3回】脇本浩子(イタリア食文化文筆・翻訳家)
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第1回】吉野と大峯あきら
  8. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん

おすすめ記事

  1. 【春の季語】猫柳
  2. 【冬の季語】節分会
  3. 【冬の季語】冬の川
  4. 【#25】写真の音、匂い
  5. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(15)/茅根知子さん
  7. 【新年の季語】門の松
  8. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  9. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  10. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】

Pickup記事

  1. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  2. くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】
  3. 血を分けし者の寝息と梟と 遠藤由樹子【季語=梟(冬)】 
  4. 曳けとこそ綱一本の迎鐘 井上弘美【季語=迎鐘(秋)】
  5. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  6. 【新連載】歳時記のトリセツ(1)/村上鞆彦さん
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
  8. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  9. 甘き花呑みて緋鯉となりしかな 坊城俊樹【季語=緋鯉(夏)】
  10. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
PAGE TOP