神保町に銀漢亭があったころ

神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世


イエローラベル

峯尾文世(「銀化」同人)


さて、銀漢亭である。閉店時こそ、ご挨拶ができなかったが、開店当時から、即かず離れず。「銀化」誌の印刷所が九段下にあったころ、最終校正後、主宰とともに、よく神保町に足を運んだ。ある日、伊藤伊那男さんがお店を出されたと聞きつけた主宰が花束をもって、お伺いしたのが初めだった気がする。伊那男さんとは、句会でほんの数回ご一緒させていただいただけだったので、その時、久しぶりにお会いしたのである。

その後、少し時間が経ったのち、銀漢亭での句会に誘われ、月一度はお邪魔するようになった。途中、本業の関係で途切れたものの、ここ数年、しっかりと通うことができたのは句会仲間のおかげである。句会以外にも、行事があれば、必ずイエローラベルを持ち込んでは、終電まで。イエローラベルの正式名称が、VEUVE CLICQUOTだったなんで、知ったのはつい最近だが、とにかく、おいしいものをみんなで楽しく、という究極の場であった。

それほどまでに、通い続けられたのは、誰しもが俳句という軸を持っていることへの安心感と連帯感があったからであろう。おそらく、ふらっと立ち寄っただけなのに、俳句を始めた方々も、そんな雰囲気に魅力を感じたのではないだろうか。

そして、そこにはいくつもの<偶然の再会>があったことも忘れてはならない。昔の結社仲間、病気でお休みをされていた方、上京された方等々と再会できたこと。それが偶然であるからこその喜びの大きさ。行けば誰かに会えるかも、というわくわく感のようなものである。

飲めば、終電まで駅に足が向くことができない場。意志が弱いというか、反省しないというか、そんな場がなくなってしまった。

とはいえ、代わりのお店を見つける気は、ない。


【執筆者プロフィール】
峯尾文世(みねお・ふみよ)
1964年神奈川県生れ。1987年上智大学文学部卒業。1990年上田五千石師事「畦」入門。1992年「畦」同人。1997年「畦」新人賞受賞・「畦」終刊。1998年中原道夫師事「銀化」入門。2000年「銀化」新人賞受賞・同人。句集に『微香性(HONOKA)』(富士見書房、2002年)『街のさざなみ』(ふらんす堂、2012年)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第19回】篠崎央子
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年12月分】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」和風ロールキャベツ
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月18日配信分】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(7)/大石雄鬼さん
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ…
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第9回】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十五日
  2. 【冬の季語】冬眠
  3. 雷をおそれぬ者はおろかなり 良寛【季語=雷(夏)】
  4. 【春の季語】春寒
  5. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  6. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
  8. 花の影寝まじ未来が恐しき 小林一茶【季語=花の影(春)】
  9. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  10. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
  2. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  4. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  5. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  6. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  7. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  8. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  9. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  10. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
PAGE TOP