ハイクノミカタ

大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】


大いなる春を惜しみつ家に在り

星野立子(星野立子)


明日から連休、あるいは今日を休んで、すでに連休に入っている人も多いかもしれない。 

人が減ったと言えば減ったが、減ってないと言えば減ってない、そんな休日のの間の金曜ですよ。

星野立子の感覚の冴えた、あるいは情感の豊かな、天衣無縫な句群。一度でも、目にしたら読者をとらえずにはおらず、その後の夏料理の景色や雛の印象を定めてしまう個性。

もちろんそれも立子の句の特徴であるけれど、ふと何気なく出来上がったようなこんな句も、また、不思議に印象深い。

 大いなる春を惜しみつ家に在り

立子の超有名な代表句に比して、あるいはそこまで有名ではないけれど、言われてみればいかにも立子という句に比べても、何というかこの句はぼんやりしている。しかし、何かのタイミング、何かの季節の動きにつられて、俄然と膨らみだすそんな句のひとつだ。

情景としてはさしてあるわけではなくて、「家に在り」ということだけが、言われている。季節は晩春、それも「大いなる春」の終わり。「今年の春ははっきりしなかったね」というような、そんなちっぽけなものではなくて、悠々たる春が終わってゆくところなのだ。

昭和十七年、太平洋戦争が開戦された翌年の春、不穏な空気はありながら、なお頻繁に行われていた句会に出された句。爛漫たる春が終わろうとしているのに家に居る状況は、頭で作られたギャップという気がしないでもない。

一方で、「春を惜しみつ」(「春を惜しみつつ」とは違う、いや、立子があいまいにそんな意味に使っただけかもしれないのだけれど)、つまり「春を惜しんだり」という意味であるけれど、そのほかにも何かあるような言いさしに、惜春ということの本質、宙ぶらりんな様子、あるいはとらわれて次へ進めないもどかしさが宿るようでもある。

去年や今年に限って言えば、「家に在り」つまり「在宅」は、これまでにないほどの身近さにある。気候のいい時期に、ただ「在宅」するということの奇妙さを実感するに至って、ますます「惜春」の姿が身に迫るのかもしれない。こんな年に限って春は駘蕩としていて、いや、春はいつも駘蕩としていて人が立ち止まるときにそれを感じるだけだろうか。

立夏前最後の週末、なかなかない在宅推奨の晩春が穏やかに過ぎますように。

『続・立子句集』(1947年)所収

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】
>>〔30〕燈台に銘あり読みて春惜しむ     伊藤柏翠
>>〔29〕世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女
>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 卒業す片恋少女鮮烈に 加藤楸邨【季語=卒業(春)】
  2. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  3. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  4. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  5. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】
  6. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  7. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  8. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】

おすすめ記事

  1. 冬真昼わが影不意に生れたり 桂信子【季語=冬の昼(冬)】
  2. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  3. まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子【季語=桜(春)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第9回
  5. 【春の季語】初花
  6. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  7. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  8. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  9. 【春の季語】紅梅
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月5日配信分】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】クーラー
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  3. 【秋の季語】秋分の日
  4. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  5. とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし【季語=焚火(冬)】
  6. 秋櫻子の足あと【第4回】谷岡健彦
  7. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  8. やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古【季語=蝸牛(夏)】
  9. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  10. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
PAGE TOP