ハイクノミカタ

世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】


世にまじり立たなんとして朝寝かな

松本たかし


連休過ぎまでおとなしくしていなさいということを言われて、それじゃあとおとなしいなりの連休の組み立てを人々が始めた今週。私は思い立って、早寝早起きを始めました。何とか七時台に起きようという程度ですが。そしてそれは早く仕事を開始して、町が真っ暗になる前に何とか終業しようという意図ですが。

みなさん、東京(部分)では蔓延防止重点措置、最初の金曜ですよ。

といっても、今夜は、おとなしく眼を労わるヨガのクラスにオンラインで参加するつもり。と、書きながら、それは果たして、参加して画面を眺める分だけ目を疲れさせるのか、それを凌ぐ勢いで回復するのかわからくなってきた。しかし、気持と頭と耳は安らぐ海外ミステリーを大画面でだらだら見続けて、絶対に目を疲れさせるよりはいいかもしれない。口頭でも説明してくれるから、そんなに真面目に画面を見なくともよいし。実際、オンラインヨガの最中は画面を見ていない時間も多い。なんとなく終わった後は眠くなって、眠りも深い気がするし。

そんな愚にもつかぬことを考えているとふと浮かぶのが、松本たかしのこの句。

  世にまじり立たなんとして朝寝かな

能楽師の家に生まれ、自らもその道を志しながら肺の病でその道をはずれたたかしの、境涯がちらりと見える屈折を含む。世の人々に伍したいと考えて、まずは英気を養うべく朝寝をする。しかしながら、その朝寝のうちにも人々の時間は進んでいて、朝寝はした方がいいんだか、しない方がよかったんだか…そんな自嘲がおかしみをもって描かれる。

たかしには朝寝の句が多い。いや、山吹も菜の花も藤も多いけれど。

  毎日の朝寝とがむる人もなし

  物の芽のほぐれほぐるる朝寝かな

まだ、早寝がうまくいってなくて、無理やり早起きをしている段階の私にとっては羨ましい境遇だけれど、たかしの朝寝の句には妙な清潔感の分、やや寂しさがただよう。

と思っていたら、囀(さえずり)にこんな句を見つけた。

  囀るや妹背ながらの朝寝宿

囀りの中、夫婦ではあるけれど、宿に朝寝もしてみたりして。

やっぱり清潔だけれど、寂しくはない。

(意味がちょっと違うけど)清潔で、あまり寂しくはない週末となりますように。

『鷹』(1938年)所収

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女
>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】
  2. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  3. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  4. 厚餡割ればシクと音して雲の峰 中村草田男【季語=雲の峰(夏)】
  5. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  6. 許したい許したい真っ青な毛糸 神野紗希【季語=毛糸(冬)】
  7. 紅さして尾花の下の思ひ草 深谷雄大【季語=思ひ草(秋)】
  8. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】

おすすめ記事

  1. 【書評】小川軽舟 第5句集『朝晩』(ふらんす堂、2019年)
  2. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  3. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  4. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  5. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  6. 忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介【季語=忘年会(冬)】
  7. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  8. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  9. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  10. 秋櫻子の足あと【第8回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. 【冬の季語】嚏(嚔)
  2. ミシン台並びやすめり針供養 石田波郷【季語=針供養(春)】
  3. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  4. 夏みかん酢つぱしいまさら純潔など 鈴木しづ子【季語=夏みかん(夏)】
  5. 【秋の季語】茸(菌)
  6. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  8. 【冬の季語】悴む
  9. いちじくを食べた子供の匂ひとか 鴇田智哉【季語=いちじく(秋)】
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【5月14日配信分】
PAGE TOP