ハイクノミカタ

本捨つる吾に秋天ありにけり 渡部州麻子【季語=秋天(秋)】


本捨つる吾に秋天ありにけり

渡部州麻子


本というものは悩ましいものだ。放っておけば増えていくばかりなのだから。一方で置く場所には当然限りがあり、いつかは処分しなければならない日が来る。本に愛着のない人は「捨てればいいのに」とかんたんに言うだろうが、なかなかそうはいかない。資料として必要だ、など理由はいくらでも見つかるが、そればかりではない。本棚に並ぶ背表紙を眺めてその内容を思い出したり、まだ読んでいない本に書かれていることを想像したりするだけで、とても豊かな気分になるからである。

 本捨つる吾に秋天ありにけり

そんな本を手放す日が来た。本棚に収めるためにどの本を処分しようかと、ずいぶん悩んだにちがいない。ふだんそんなに愛着のないような本でも、手放すとなると惜しくなったりするものだ。それでも思い切って捨てにゆく。古書店に持って行くのか、それともそのままゴミとして出してしまうのか。いずれにしても、気分としては「捨つる」ということなのだろう。

掲句は「本捨つる」と現在形だから、今まさに本を捨てているというところだ。ゴミに出すなら紐で十字に縛り、両手に提げてゆく。本は数冊でも意外に重いので、紐が指に食い込み、その痛みに耐えて下ばかり向いて歩いている。やっとゴミ置き場について本を下ろし、一息ついて上をみれば、秋の空が深く大きく広がっている。

私が句中の人物なら、秋の空があってほんとうに良かったと思うのではないか。論理的には説明できなくても、本を捨てたことのある経験から実感としてわかるのである。

「黒猫座」(2007年)所収。

鈴木牛後


【執筆者プロフィール】
鈴木牛後(すずき・ぎゅうご)
1961年北海道生まれ、北海道在住。「俳句集団【itak】」幹事。「藍生」「雪華」所属。第64回角川俳句賞受賞。句集『根雪と記す』(マルコボ.コム、2012年)『暖色』(マルコボ.コム、2014年)『にれかめる』(角川書店、2019年)


【鈴木牛後のバックナンバー】
>>〔46〕鳥けもの草木を言へり敗戦日     藤谷和子
>>〔45〕きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ   齋藤玄
>>〔44〕東京の白き夜空や夏の果       清水右子
>>〔43〕森の秀は雲と睦めり花サビタ        林翔
>>〔42〕麦真青電柱脚を失へる       土岐錬太郎
>>〔41〕農薬の粉溶け残る大西日       井上さち
>>〔40〕乾草は愚かに揺るる恋か狐か     中村苑子
>>〔39〕刈草高く積み軍艦が見えなくなる  鴻巣又四郎
>>〔38〕青嵐神木もまた育ちゆく      遠藤由樹子
>>〔37〕夫いつか踊子草に跪く       都築まとむ
>>〔36〕でで虫の繰り出す肉に遅れをとる   飯島晴子
>>〔35〕干されたるシーツ帆となる五月晴    金子敦
>>〔34〕郭公や何処までゆかば人に逢はむ   臼田亜浪
>>〔33〕日が照つて厩出し前の草のいろ   鷲谷七菜子
>>〔32〕空のいろ水のいろ蝦夷延胡索     斎藤信義
>>〔31〕一臓器とも耕人の皺の首       谷口智行
>>〔30〕帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず   細谷源二
>>〔29〕他人とは自分のひとり残る雪     杉浦圭祐
>>〔28〕木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ  陽美保子
>>〔27〕彫り了へし墓抱き起す猫柳     久保田哲子
>>〔26〕雪解川暮らしの裏を流れけり     太田土男
>>〔25〕鉄橋を決意としたる雪解川      松山足羽
>>〔24〕つちふるや自動音声あかるくて  神楽坂リンダ
>>〔23〕取り除く土の山なす朧かな     駒木根淳子
>>〔22〕引越の最後に子猫仕舞ひけり      未来羽
>>〔21〕昼酒に喉焼く天皇誕生日       石川桂郎

>>〔20〕昨日より今日明るしと雪を掻く    木村敏男
>>〔19〕流氷は嘶きをもて迎ふべし      青山茂根
>>〔18〕節分の鬼に金棒てふ菓子も     後藤比奈夫
>>〔17〕ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く    かくた
>>〔16〕しばれるとぼつそりニッカウィスキー 依田明倫
>>〔15〕極寒の寝るほかなくて寝鎮まる    西東三鬼
>>〔14〕牛日や駅弁を買いディスク買い   木村美智子
>>〔13〕牛乳の膜すくふ節季の金返らず   小野田兼子
>>〔12〕懐手蹼ありといつてみよ       石原吉郎
>>〔11〕白息の駿馬かくれもなき曠野     飯田龍太
>>〔10〕ストーブに貌が崩れていくやうな  岩淵喜代子
>>〔9〕印刷工枯野に風を増刷す        能城檀 
>>〔8〕馬孕む冬からまつの息赤く      粥川青猿
>>〔7〕馬小屋に馬の表札神無月       宮本郁江
>>〔6〕人の世に雪降る音の加はりし     伊藤玉枝
>>〔5〕真っ黒な鳥が物言う文化の日     出口善子
>>〔4〕啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々   水原秋桜子
>>〔3〕胸元に来し雪虫に胸与ふ      坂本タカ女
>>〔2〕糸電話古人の秋につながりぬ     攝津幸彦
>>〔1〕立ち枯れてあれはひまはりの魂魄   照屋眞理子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: kifu-1024x512.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)…
  2. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  3. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  4. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  5. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  6. 唐太の天ぞ垂れたり鰊群来 山口誓子【季語=鰊(春)】 
  7. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
  8. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】鴨
  2. こんな本が出た【2021年5月刊行分】
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第3回】「雪女」
  4. 【冬の季語】蕪
  5. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(春)】
  6. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  7. 【秋の季語】秋分の日
  8. 「けふの難読俳句」【第8回】「眴」
  9. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  10. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年5月分】

Pickup記事

  1. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】
  2. 早春や松のぼりゆくよその猫 藤田春梢女【季語=早春(春)】
  3. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  4. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】
  5. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  6. 【春の季語】春一番
  7. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  8. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄
  9. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  10. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
PAGE TOP