お知らせ

【俳句公募のご案内】「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」【12月15日締切】


【俳句公募のご案内】
「十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句」
【12月15日締切】


宮城県俳句協会では、東日本大震災より10年の節目に、みなさまからの句を募集しております。応募無料ですので、ふるってご投句ください。被災の有無や居住国にかかわらず、どなたでも応募いただけます。(管理人)


宮城県俳句協会では、東日本大震災の犠牲者を祈り、明日への一歩を刻む礎として、2013年と2016年に『東日本大震災句集 わたしの一句』を刊行することができました。

来年3月で東日本大震災より10年が経ちます。

この節目を俳句の力で掬いあげ、震災を風化させることなく未来へ伝える1冊となればと思います。

つきましては、左記により、震災から10年目の現在までを詠んだ俳句を募集いたします。被災や居住地を問わず、どなたでもふるって応募くださいますようご案内申し上げます。

なお、応募料は無料ですが、句集(一部1000円)の購入希望をかならずお書き添えください。ご購入いただけますと、たいへん助かります。

公式ツイッター 公式『十年目の今、東日本大震災句集 わたしの一句』さん (@watashinoikku) / Twitter

応募フォーム(パソコン用) https://ws.formzu.net/fgen/S12483421/

応募フォーム(スマホ用) https://ws.formzu.net/sfgen/S12483421/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. 【毎日更新中!】ハイクノミカタ
  3. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しまし…
  4. 【イベントのご案内】第4回 本の作り手と読む読書会 ~漢詩の〈型…

おすすめ記事

  1. 稲妻となつてお前を喜ばさう 竹岡一郎【季語=稲妻(秋)】
  2. 大いなる春を惜しみつ家に在り 星野立子【季語=春惜しむ(春)】
  3. 夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏【季語=夏至白夜(夏)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月27日配信分】
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  6. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
  7. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  8. 【冬の季語】聖夜
  9. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  10. 新涼やむなしく光る貝釦 片山由美子【季語=新涼(秋)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  2. 【春の季語】二月
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第49回】岸本尚毅
  4. 叩頭すあやめあざやかなる方へ 飯島晴子【季語=あやめ(夏)】
  5. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  6. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】
  7. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  8. おにはにはにはにはとりがゐるはるは 大畑等
  9. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第18回】谷岡健彦
PAGE TOP