ハイクノミカタ

「十六夜ネ」といった女と別れけり 永六輔【季語=十六夜(秋)】


十六夜ネ」といった女と別れけり

永六輔

 高校時代、ありがとうをいつも「サンキュ」という同級生がいた。特に特徴のない言葉なのだがやはりありがとうの方が主流だし「サンキュー」でなく「サンキュ」である点も印象に残る。彼女のことはフルネームでは覚えていないのだが「サンキュ」と言われたその「キュ」の感じは今でもありありと思い出す。

   「十六夜ネ」といった女と別れけり

  女と別れた。「十六夜ネ」とぽつりと口にするような女だった。十五夜ではなく十六夜に心を動かしているところがやはり自分好みだ。これからも十六夜が近づく度に彼女のことを思い出してしまうだろうが、それは未練というよりは「十六夜ネ」という言葉に恋しているのかもしれない。

 「十六夜ネ」といった女、と言い切った。女の形容は他にいくらでもある。長い髪の女、黒服の女、泣きぼくろの女。しかしこの句では容姿や属性ではなく一つの発言を取り上げて代名詞としている。粋なやりとりが連想され、悪い関係ではなかったことが思われる。

 タイミングが気になる句である。「十六夜ネ」と女が言ったのは十六夜であろうが、別れたのはどの時点か?言った直後か、数日後か、ずっと後なのか。

 季語の役割にこだわるのであれば十六夜当日、あるいはその前後である。しかしこの句ではその季語が「 」のなかに収まっていて距離がある。極論をいえば無季ともいえる。だとすると旧暦八月十六日の夜にこだわる必要はなくなるだろう。

 無季と言い出す理由のもう一つは、「別れけり」がいつの時点のことか不明だからだ。「十六夜ネ」と言った直後でもそこからずっと離れても、つまりどの季節でも成立する。

 こういう時は原典にあたるのが一番。掲句は平成13年(2001年)8月の項目に収録されている。なんと、十六夜の前月だった!であれば、昨年以前に「十六夜ネ」発言をしたその女とある年の8月に別れたということだ。2000年の十六夜は9月20日。そこから少なくとも11ヶ月を経ての別れということになる。

 舞台設定を考えると無季っぽいのだが、十六夜が来る度にこれからもこの句を思い出してしまいそうな点で季感がある。「十六夜ネ」と言った女とは新酒を酌み交わしたに違いない。別れもさらっとしたものだったであろう。これぞ大人。

 作詞家として数々のヒット曲を世に送り出しながら俳句を始めたために作詞をやめることになってしまったという作者は、柳家小三治の「この句会*で俳句を作らなきゃ、どんなに楽しい会だろう(*:東京やなぎ句会)」という発言に同意を示しながらも晩年まで俳句を続けた。楽しんで作っている人の俳句は楽しい。

『六輔五・七・五』(2018年刊)所収。

吉田林檎


【執筆者プロフィール】
吉田林檎(よしだ・りんご)
昭和46年(1971)東京生まれ。平成20年(2008)に西村和子指導の「パラソル句会」に参加して俳句をはじめる。平成22年(2010)「知音」入会。平成25年(2013)「知音」同人、平成27年(2015)第3回星野立子賞新人賞受賞、平成28年(2016)第5回青炎賞(「知音」新人賞)を受賞。俳人協会会員。句集に『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)


【吉田林檎さんの句集『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)はこちら ↓】



【吉田林檎のバックナンバー】
>>〔68〕手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸
>>〔67〕敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟
>>〔66〕秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦
>>〔65〕さわやかにおのが濁りをぬけし鯉 皆吉爽雨
>>〔64〕いちじくはジャムにあなたは元カレに 塩見恵介
>>〔63〕はるかよりはるかへ蜩のひびく 夏井いつき
>>〔62〕寝室にねむりの匂ひ稲の花  鈴木光影
>>〔61〕おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思
>>〔60〕水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子
>>〔59〕腕まくりして女房のかき氷 柳家小三治
>>〔58〕観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治
>>〔57〕ふところに四万六千日の風  深見けん二
>>〔56〕祭笛吹くとき男佳かりける   橋本多佳子
>>〔55〕昼顔もパンタグラフも閉ぢにけり 伊藤麻美
>>〔54〕水中に風を起せる泉かな    小林貴子
>>〔53〕雷をおそれぬ者はおろかなり    良寛
>>〔52〕子燕のこぼれむばかりこぼれざる 小澤實
>>〔51〕紫陽花剪るなほ美しきものあらば剪る 津田清子
>>〔50〕青葉冷え出土の壺が山雨呼ぶ   河野南畦
>>〔49〕しばらくは箒目に蟻したがへり  本宮哲郎
>>〔48〕逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀
>>〔47〕春の言葉おぼえて体おもくなる  小田島渚
>>〔46〕つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子
>>〔45〕鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫
>>〔44〕まだ固き教科書めくる桜かな  黒澤麻生子
>>〔43〕後輩のデートに出会ふ四月馬鹿  杉原祐之
>>〔42〕春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一
>>〔41〕赤い椿白い椿と落ちにけり   河東碧梧桐
>>〔40〕結婚は夢の続きやひな祭り    夏目雅子
>>〔39〕ライターを囲ふ手のひら水温む  斉藤志歩
>>〔38〕薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋
>>〔37〕男衆の聲弾み雪囲ひ解く    入船亭扇辰
>>〔36〕春立つと拭ふ地球儀みづいろに  山口青邨
>>〔35〕あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎
>>〔34〕冬ざれや父の時計を巻き戻し   井越芳子
>>〔33〕皹といふいたさうな言葉かな   富安風生
>>〔32〕虚仮の世に虚仮のかほ寄せ初句会  飴山實
>>〔31〕初島へ大つごもりの水脈を引く   星野椿
>>〔30〕禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ
>>〔29〕時雨るるや新幹線の長きかほ  津川絵理子
>>〔28〕冬ざれや石それぞれの面構へ   若井新一
>>〔27〕影ひとつくださいといふ雪女  恩田侑布子
>>〔26〕受賞者の一人マスクを外さざる  鶴岡加苗
>>〔25〕冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ  川崎展宏
>>〔24〕伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士
>>〔23〕菊人形たましひのなき匂かな   渡辺水巴
>>〔22〕つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠
>>〔21〕ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行
>>〔20〕遅れ着く小さな駅や天の川    髙田正子
>>〔19〕秋淋し人の声音のサキソホン    杉本零
>>〔18〕颱風の去つて玄界灘の月   中村吉右衛門
>>〔17〕秋灯の街忘るまじ忘るらむ    髙柳克弘
>>〔16〕寝そべつてゐる分高し秋の空   若杉朋哉
>>〔15〕一燈を消し名月に対しけり      林翔
>>〔14〕向いてゐる方へは飛べぬばつたかな 抜井諒一
>>〔13〕膝枕ちと汗ばみし残暑かな     桂米朝
>>〔12〕山頂に流星触れたのだろうか  清家由香里
>>〔11〕秋草のはかなかるべき名を知らず 相生垣瓜人

>>〔10〕卓に組む十指もの言ふ夜の秋   岡本眸
>>〔9〕なく声の大いなるかな汗疹の児  高濱虚子
>>〔8〕瑠璃蜥蜴紫電一閃盧舎那仏    堀本裕樹
>>〔7〕してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二
>>〔6〕香水の一滴づつにかくも減る  山口波津女
>>〔5〕もち古りし夫婦の箸や冷奴  久保田万太郎
>>〔4〕胎動に覚め金色の冬林檎     神野紗希
>>〔3〕呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々
>>〔2〕嚔して酒のあらかたこぼれたる  岸本葉子
>>〔1〕水底に届かぬ雪の白さかな    蜂谷一人


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  2. 卒業の子らが机を洗ひ居る 山口草堂【季語=卒業(春)】
  3. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐…
  4. 足跡が足跡を踏む雪野かな 鈴木牛後【季語=雪野(冬)】 
  5. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  6. 木枯やたけにかくれてしづまりぬ 芭蕉【季語=木枯(冬)】
  7. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】…
  8. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】

おすすめ記事

  1. 冬深し柱の中の波の音 長谷川櫂【季語=冬深し(冬)】
  2. 夏草を分けまつさをな妣の国 恩田侑布子【季語=夏草(夏)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
  4. 天女より人女がよけれ吾亦紅 森澄雄【季語=吾亦紅(秋)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  6. 南浦和のダリヤを仮のあはれとす 摂津幸彦【季語=ダリヤ(夏)】
  7. 【冬の季語】忘年会
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  9. してみむとてするなり我も日傘さす 種谷良二【季語=日傘(夏)】
  10. とび・からす息合わせ鳴く小六月 城取信平【季語=小六月(冬)】

Pickup記事

  1. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  4. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  5. 【夏の季語】シャワー
  6. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  7. その朝も虹とハモンド・オルガンで 正岡豊
  8. 【冬の季語】息白し
  9. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
  10. 春光のステンドグラス天使舞ふ 森田峠【季語=春光(春)】
PAGE TOP