ハイクノミカタ

あとからの蝶美しや花葵 岩木躑躅【季語=花葵(夏)】


あとからの蝶美しや花葵

岩木躑躅(いわきつつじ)(星野立子)


東京は梅雨入りせず、緊急事態宣言は延長になって、オリンピックは…、相変わらず宙ぶらりん。季節が停滞したために、「ワクチントーク」が挨拶代わり、そんな金曜ですよ。

前回に引き続き、季題になれる言葉が複数入った句。題は「花葵」。明治十四年生まれ、本田あふひの六歳年下の岩木躑躅の句だ。ちなみに躑躅は男性。

 あとからの蝶美しや花葵

前回はかなり拮抗した「麦打」と「花葵」だったけれど、今回のセンターはおそらく「花葵」。蝶は、花葵が選んだ状況のひとつとして、花葵にこの句ではセンターを譲っている。

しかし、今回センターでないにしても「あとからの蝶」の喚起力はどうだろう。句の始まりであるのに、「あとからの」。句が始まる前に、すくなくとも一頭の蝶がすでに過ぎていったことになる。先ほどのものがどうであったかは知れない。「美し」と言っているだけなので、「あとからの蝶」も詳しい様子はわからない。それでも、(蝶が嫌いな人を除けば)目にすれば少なからず喜びである蝶のうち、最初ではなく続いてきた蝶が描かれる点で、この「あとからの蝶」に特別な存在感が与えられていることがわかる。

花葵にはつぎつぎに蝶が訪れる。句はその一部の時間を切り取っただけのもの。「あとからの蝶」のあとには、また「そのあとの蝶」が現れるのだろう。入れ替わる蝶よりずっと長い時間をかけて、花葵はその花を開き、ある時から衰退を始める。

こうして、「まえの蝶」では描けない連続する時間がそこに流れる。

宙ぶらりんなようでいても、なんらかは進んでいると思って、停滞する週末をあとからを楽しみに。

 ※「季重なり・季重ね」という点で言えば、この句の数句前にある〈黒南風や熟れて黴持つ小麦の穂〉はなかなか。

『ホトトギス同人句集』(1938年)所収

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】
>>〔35〕麦打の埃の中の花葵        本田あふひ
>>〔34〕麦秋や光なき海平らけく       上村占魚
>>〔33〕酒よろしさやゑんどうの味も好し   上村占魚
>>〔32〕除草機を押して出会うてまた別れ   越野孤舟
>>〔31〕大いなる春を惜しみつ家に在り    星野立子
>>〔30〕燈台に銘あり読みて春惜しむ     伊藤柏翠
>>〔29〕世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし
>>〔28〕ネックレスかすかに金や花を仰ぐ  今井千鶴子
>>〔27〕芽柳の傘擦る音の一寸の間      藤松遊子
>>〔26〕日の遊び風の遊べる花の中     後藤比奈夫
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女
>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  2. 愉快な彼巡査となつて帰省せり 千原草之【季語=帰省(夏)】
  3. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  4. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(…
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  6. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  7. 前をゆく私が野分へとむかふ 鴇田智哉【季語=野分(秋)】
  8. 日光に底力つく桐の花 飯島晴子【季語=桐の花(夏)】

おすすめ記事

  1. 水中に風を起せる泉かな 小林貴子【季語=泉(夏)】
  2. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  3. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  4. 数と俳句(一)/小滝肇
  5. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  6. 【連載】歳時記のトリセツ(10)/小津夜景さん
  7. 【冬の季語】暮早し
  8. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  9. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  10. 初花や竹の奥より朝日かげ    川端茅舎【季語=初花(春)】

Pickup記事

  1. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】
  3. なく声の大いなるかな汗疹の児 高浜虚子【季語=汗疹(夏)】
  4. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ なかはられいこ
  5. あひみての後を逆さのかいつぶり 柿本多映【季語=鳰(冬)】
  6. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  8. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  9. 【冬の季語】愛日
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【12月25日配信分】
PAGE TOP