冬の季語

【冬の季語】寒い

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】寒い

冬の季語でもある形容詞「寒し」の日常的な言い回し。

俵万智に〈「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ〉という有名な歌がある。


【寒い(上五)】
寒いぞよ軒の蜩唐がらし 小林一茶
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
ただ寒い川が傷兵の眼に奔る 三谷昭
寒いからみんなが凛々しかりにけり 後藤比奈夫
寒いはずなり鴨千羽ゐる上野 鈴木鷹夫
寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子

【寒い(中七)】
七輪に寒い焔の翅相住ひ 辻田克巳
サラリーマン寒いね東スポ大切に 清水哲男
婆の言ふ寒い寒いは唄ふごと 今瀬剛一
なかぞらに寒い木があり光りだす 柿本多映
たてがみが寒いと女ただよえり 岸本マチ子

【寒い(下五)】
主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男
七生の人形のとき寒いとき 池田澄子
口紅つかう気力体力 寒いわ 池田澄子

【自由律】
うごけば、寒い 橋本夢道
五圓着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道
二階から足がおりてくる寒い顔になる 栗林一石路
もう堤が焼かれている 寒い天気図のように 吉岡禅寺洞

【その他の季語と】
あゝ寒いあらあら寒いひがん哉 小林一茶
受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  2. 【夏の季語】母の日
  3. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  4. 【春の季語】雛人形
  5. 【春の季語】素魚
  6. 【春の季語】朝桜
  7. 【冬の季語】冬の蝶
  8. 【冬の季語】兎

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】松落葉
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【8】服部崇
  3. 【速報&アーカイブ】きょうのできごと2021
  4. 馬小屋に馬の表札神無月 宮本郁江【季語=神無月(冬)】
  5. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  6. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  7. 刈草高く積み軍艦が見えなくなる 鴻巣又四郎【季語=草刈(夏)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第62回】山田真砂年
  9. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  10. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】

Pickup記事

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  2. 【春の季語】椿
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  4. 生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子【季語=初冬(冬)】
  5. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】
  6. 【冬の季語】暮早し
  7. 【春の季語】蟻穴を出づ
  8. 【冬の季語】冬うらら
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第28回】草津と村越化石
  10. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
PAGE TOP