冬の季語

【冬の季語】寒い

【冬の季語=初冬〜晩冬(11月〜1月)】寒い

冬の季語でもある形容詞「寒し」の日常的な言い回し。

俵万智に〈「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ〉という有名な歌がある。


【寒い(上五)】
寒いぞよ軒の蜩唐がらし 小林一茶
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
ただ寒い川が傷兵の眼に奔る 三谷昭
寒いからみんなが凛々しかりにけり 後藤比奈夫
寒いはずなり鴨千羽ゐる上野 鈴木鷹夫
寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子

【寒い(中七)】
七輪に寒い焔の翅相住ひ 辻田克巳
サラリーマン寒いね東スポ大切に 清水哲男
婆の言ふ寒い寒いは唄ふごと 今瀬剛一
なかぞらに寒い木があり光りだす 柿本多映
たてがみが寒いと女ただよえり 岸本マチ子

【寒い(下五)】
主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男
七生の人形のとき寒いとき 池田澄子
口紅つかう気力体力 寒いわ 池田澄子

【自由律】
うごけば、寒い 橋本夢道
五圓着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道
二階から足がおりてくる寒い顔になる 栗林一石路
もう堤が焼かれている 寒い天気図のように 吉岡禅寺洞

【その他の季語と】
あゝ寒いあらあら寒いひがん哉 小林一茶
受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】流氷
  2. 【夏の季語】月涼し
  3. 【冬の季語】鯛焼
  4. 【夏の季語】海の家
  5. 【秋の季語】芋虫
  6. 【春の季語】猫の子
  7. 【秋の季語】十六夜
  8. 【春の季語】永き日

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  2. 【新年の季語】獅子頭
  3. つれづれのわれに蟇這ふ小庭かな 杉田久女【季語=蟇(夏)】
  4. 薔薇の芽や温めておくティーカップ 大西朋【季語=薔薇の芽(春)】
  5. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫
  6. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  7. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【10】/辻本芙紗(「銀漢」同人)
  9. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  10. 人はみななにかにはげみ初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】

Pickup記事

  1. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  2. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  3. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  4. 日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  6. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  7. 【夏の季語】梅雨明
  8. 不健全図書を世に出しあたたかし 松本てふこ【季語=あたたか(春)】 
  9. 森の秀は雲と睦めり花サビタ 林翔【季語=さびたの花(夏)】
  10. 【第20回】新しい短歌をさがして/服部崇
PAGE TOP