ハイクノミカタ

鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ 渡辺白泉【季語=カンナ(秋)】


鶏たちにカンナは見えぬかもしれぬ  

渡辺白泉 


日本でユクスキュルの代表的著作『生物から見た世界』が翻訳紹介されたのは、1942年のこと。この白泉の有名句は1935年の作だが、きわめてユクスキュル的発想に近い。ただし、ニワトリにとって最もよく見える色は、カンナと同じ赤色であり、カンナの赤は見えていてもおかしくはない。しかし、つぎつぎにニワトリたちが、炎天下で赫赫と咲いているカンナには見向きもせず、あさっての方向に向かっていくではないか。こんなにもわかりやすく、見えているはずのものが、実は見えていないのではないかというのは、ふと恐怖とはいかないまでも、ある種の不安を感じさせる。時代状況をかんがみれば、すでに1931年の満州事変を経て、盧溝橋事件にはじまる日中戦争へひたひたと向かっていたころの句であり、さて現在のわたしたちは血のようなカンナの赤色が、しっかりと見えているだろうかと、思われてくる。(堀切克洋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 皮むけばバナナしりりと音すなり 犬星星人【季語=バナナ(夏)】
  2. 子供は鳥 かはたれとたそかれにさざめく 上野ちづこ
  3. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  4. お障子の人見硝子や涅槃寺 河野静雲【季語=涅槃寺(春)】
  5. 中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼【季語=桃(秋)】
  6. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】
  7. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  8. 谺して山ほととぎすほしいまゝ 杉田久女【季語=ほととぎす(夏)】…

おすすめ記事

  1. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第10回】相沢文子
  3. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  4. ライオンは人を見飽きて夏の果 久米祐哉【季語=夏の果(夏)】
  5. やゝ寒し閏遅れの今日の月 松藤夏山【季語=今日の月 (秋)】
  6. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  7. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん
  8. 【冬の季語】花八手
  9. 【冬の季語】凍蝶
  10. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】

Pickup記事

  1. 露草を持つて銀行に入つてゆく 飯島晴子【季語=露草(秋)】
  2. 秋海棠西瓜の色に咲にけり 松尾芭蕉【季語=秋海棠(秋)】
  3. 遠き屋根に日のあたる春惜しみけり 久保田万太郎【季語=春惜しむ(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  5. 【春の季語】朧
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月22日配信分】
  7. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【前編】
  8. 黒鯛のけむれる方へ漕ぎ出づる 宇多喜代子【季語=黒鯛(夏)】
  9. 来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話 田畑美穂女【季語=梅 (春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第61回】 石鎚山と石田波郷
PAGE TOP