季語・歳時記

【春の季語】石鹸玉

【春の季語(三春=2月〜4月)】石鹸玉

【コメント】

昔はムクロジの実から石鹸玉を作ったこともありました。

【参考】森の達人の樹木雑学【第12回】屋根まで飛ばそう「ムクロジ」シャボン玉

やはり春のゆったりとした気分に合う子供の遊び、ということで近代以降に季語として登録されたのでしょう。

かつては「たまや」「水圏戯」とも呼ばれていましたが(改造社版『俳諧歳時記』)、いまではほかの名称はあまり聞かれなくなっています。


【石鹸玉(上五)】
しやぼんだま天が映りて窓の如 京極杞陽
しやぼん玉吹いてみづからふりかぶる 橋本多佳子
しやぼん玉吹き太陽が宙返り 山田弘子
石鹸玉の割れし一瞬破片見ゆ 中村和弘
シャボン玉吹く何様のような顔 斉田仁
しやぼん玉磴を一段づつ降りる 行方克巳
しやぼん玉一ト弾みして風にのり 行方克巳
しやぼん玉兄弟髪の色違ふ 西村和子
しやぼん玉息といふものかく軽し 岩城久治
石鹸玉割るだけの子もなかにゐて 三代川次郎
石鹸玉吹く子に父の舟帰る 瀬戸口靖代
しやぼん玉吹きたくさんの顔飛ばす 坂本宮尾
石鹸玉吾子にも恋の敵ゐる 田中裕明
しやぼん玉ふく陳さんのフィアンセと 夏井いつき
しやぼん玉尼僧の列を乱しけり 土肥あき子
しやぼん玉平均律の震へかな 柏柳明子
石鹸玉きらりと門を出づるなり 依光陽子
シャボン玉ひとつ壊して地に還す 近恵
しやぼん玉水面にとまる円きまま 堀田季何
石鹸玉あまねく生まれたての色 堀切克洋
しやぼんだま死後は鏡の無き世界 佐々木啄実

【石鹸玉(中七)】
庭狭し石鹸玉割るための指  小鳥遊栄樹
歪みつつしやぼん玉デモ隊の上 堀田季何

【石鹸玉(下五)】
流れつつ色を変へけり石鹸玉 松本たかし
吹いてをり離れたがらぬ石鹸玉 後藤比奈夫
転生の途中のやうなしやぼん玉 松下カロ
ストローの先で回るや石鹸玉 小池康生
月山をやすやす運ぶ石鹸玉 和田仁
つぎつぎと小石のやうなしやぼん玉 山岸由佳
うつむいて吹いても空へしやぼん玉 鶴岡加苗
だけど僕は屋上に吹くしゃぼん玉 神野紗希



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】夏至
  2. 【夏の季語】雲の峰
  3. 【秋の季語】末枯
  4. 【新年の季語】初日記
  5. 【春の季語】雨水
  6. 【春の季語】蛇穴を出る
  7. 【冬の季語】落葉
  8. 【冬の季語】冬に入る

おすすめ記事

  1. わが畑もおそろかならず麦は穂に 篠田悌二郎【季語=麦の穂(夏)】
  2. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  3. 【書評】小池康生 第2句集『奎星』(飯塚書店、2020年)
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」鯛の塩釜焼き
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」あんずのコンポート
  6. あづきあらひやひとり酌む酒が好き 西野文代【季語=小豆洗(秋)】
  7. 【秋の季語】野菊
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第52回】 新宿と福永耕二
  9. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  10. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬木立
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  4. 【夏の季語】蝸牛
  5. 【書評】中原道夫 第13句集『彷徨』(ふらんす堂、2019年)
  6. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  7. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  8. 【夏の季語】香水
  9. 【夏の季語】涼しさ
  10. 【春の季語】蟻穴を出づ
PAGE TOP