ハイクノミカタ

  1. 年逝くや兎は頰を震はせて 飯島晴子【季語=年逝く(冬)】

    年逝くや兎は頰を震はせて)飯島晴子 晴子に兎の句、雪兎の句が少なくないのは意外なようで、何となく納得も出来る。晴子は野性も洗練も好んでいたようだ。掲句、兎の頰の細かな震えに、年「逝く」という動きを重…

  2. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】

    数へ日の残り日二日のみとなる右城暮石今週の句の季語は「数へ…

  3. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】

    ポテサラの美味い雀荘大晦日北大路翼 2023年もあと残り3…

  4. 一瞬の雪墜のひかり地にとどく 真島楓葉子【季語=雪墜(冬)】

    一瞬の雪墜しづれのひかり地にとどく真島楓葉子掲句は私が忘れ…

  5. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

    十二月うしろの正面山の神成田千空 草田男に愛妻俳句がごまん…

  6. 呼吸器と同じコンセントに聖樹 菊池洋勝【季語=聖樹(冬)】

  7. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】

  8. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】

  9. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】

  10. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】

  11. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】

  12. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】

おすすめ記事

  1. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  2. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  3. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  4. 【春の季語】旧正
  5. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

Pickup記事

  1. 「我が毒」ひとが薄めて名薬梅雨永し 中村草田男【季語=梅雨(夏)】
  2. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  3. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  4. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  5. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】
PAGE TOP