ハイクノミカタ

  1. 銀座明るし針の踵で歩かねば 八木三日女

    銀座明るし針の踵で歩かねば八木三日女(『赤い地図』昭和38年)銀座は不思議な街である。デパートやブティックの賑わう日中、日本有数の歓楽街と化す深更。どこか静謐な雰囲気の漂う明け方と、めまぐるしく姿を…

  2. 大空へ解き放たれし燕かな 前北かおる【季語=燕(春)】

    大空へ解き放たれし燕かな前北かおる徒歩圏内の植物を把握する…

  3. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】

    うららかや空より青き流れあり阿部みどり女今週は名古屋である…

  4. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】

    春菊や料理教室みな男仲谷あきら季語【春菊】食材として鍋…

  5. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】

    無駄足も無駄骨もある苗木市仲寒蟬2Fのカウンター席から駅通…

  6. 朝寝楽し障子と壺と白ければ   三宅清三郎【季語=朝寝(春)】

  7. 象の足しづかに上る重たさよ 島津亮

  8. 花散るや金輪際のそこひまで 池田瑠那【季語=花散る(春)】

  9. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】

  10. なにがなし善きこと言はな復活祭 野澤節子【季語=復活祭(春)】

  11. 白魚の目に哀願の二つ三つ 田村葉【季語=白魚(春)】

  12. 東風を負ひ東風にむかひて相離る   三宅清三郎【季語=東風(春)】

おすすめ記事

  1. 白い部屋メロンのありてその匂ひ 上田信治【季語=メロン(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  3. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  5. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】

Pickup記事

  1. 雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ 朗善千津【季語=雪掻(冬)】
  2. 【冬の季語】梅早し
  3. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  4. ゆげむりの中の御慶の気軽さよ 阿波野青畝【季語=御慶(新年)】
  5. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
PAGE TOP