ハイクノミカタ

  1. 万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃【季語=万緑(夏)】

    万緑やご飯のあとのまたご飯宮本佳世乃俳句とは全く関係のない友人から12音フレーズみたいな文句がLINEで来た。「グッディ跡地にまたグッディ」可笑しかったので荒梅雨やグッディ跡にまたグッディなどとパク…

  2. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】

    菱形に赤子をくるみ夏座敷対中いずみ対中いずみさんとはじめて…

  3. 婚約とは二人で虹を見る約束 山口優夢【季語=虹(夏)】

    婚約とは二人で虹を見る約束山口優夢(『セレクション俳人 プラス 新撰21』…

  4. 蛇を知らぬ天才とゐて風の中 鈴木六林男【季語=蛇(夏)】

    蛇を知らぬ天才とゐて風の中鈴木六林男(『荒天』昭和24年)…

  5. しろがねの盆の無限に夏館 小山玄紀【季語=夏館(夏)】

    しろがねの盆の無限に夏館小山玄紀初めての海外旅行はフランス…

  6. 夕餉まで少し間のあり額の花 片山由美子【季語=額の花(夏)】

  7. ラベンダー添へたる妻の置手紙 内堀いっぽ【季語=ラベンダー(夏)】

  8. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】

  9. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】

  10. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】

  11. 白馬の白き睫毛や霧深し 小澤青柚子【季語=霧(秋)】

  12. 泉に手浸し言葉の湧くを待つ 大串章【季語=泉(夏)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  2. 【冬の季語】雪兎
  3. ふくしまに生れ今年の菊膾 深見けん二【季語=菊膾(秋)】
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  5. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

Pickup記事

  1. 【冬の季語】冬の蝶
  2. 鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ 三島ゆかり【季語=鴨(冬)】
  3. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  5. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#4】
PAGE TOP