ハイクノミカタ

  1. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】

    寒卵良い学校へゆくために岩田奎『膚』掲句の「学校」とは、果たして何学校を思うだろうか、考えてみてほしい。 自分の鑑賞としては、「あなたは良い学校へゆくんだからね」という狂気じみた教育ママを思…

  2. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】

    くしゃみしてポラリス逃す銀河売り市川桜子口語俳句の仲間の句…

  3. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】

    純愛や十字十字の冬木立対馬康子(『愛国』)私の実家は、江戸…

  4. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】

    雪兎なんぼつくれば声通る)飯島晴子また雪兎であるが、お付き…

  5. 手袋に切符一人に戻りたる 浅川芳直【季語=手袋(冬)】

    手袋に切符一人に戻りたる浅川芳直人は一人で生まれ、一人で死…

  6. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】

  7. 室咲きをきりきり締めて届きたり 蓬田紀枝子【季語=室咲(冬)】

  8. 最終回みたいな街に鯨来る 斎藤よひら【季語=鯨(冬)】

  9. 冬河原のつぴきならぬ恋ならめ 行方克巳【季語=冬河原(冬)】

  10. 髪で捲く鏡や冬の谷底に 飯島晴子【季語=冬(冬)】

  11. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】

  12. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】立秋
  2. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  3. まはすから嘘つぽくなる白日傘 荒井八雪【季語=白日傘(夏)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  5. 【夏の季語】夏蝶

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  2. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  3. 黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥【季語=秋気(秋)】
  4. 秋うらら他人が見てゐて樹が抱けぬ 小池康生【季語=秋うらら(秋)】
  5. あたたかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=冬の空(冬)】
PAGE TOP