ハイクノミカタ

ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: eye-2horikiri--1024x538.png

ひきだしに海を映さぬサングラス

神野紗希


これから海に「行く」というよりは、「行かない」あるいは「行けない」のだろう。いやいや、「行ける」とか、「行けない」とかいう問題ではなく、このサングラスが映さないのは「あの日の海」なのである。たとえば、大切なだれかと浜辺を歩いていたときに見た、あのときの海。それはきっと若かりしころの甘酸っぱい思い出となってしまって、もうサングラスには映らない。『光まみれの蜂』(2012)所収。(堀切克洋)



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  2. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  3. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  4. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  5. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  6. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】
  7. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  8. 干されたるシーツ帆となる五月晴 金子敦【季語=五月晴(夏)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP