1. 潜り際毬と見えたり鳰 中田剛【季語=鳰(冬)】 

    潜り際毬と見えたり鳰)中田剛鳰は、ほぼ全国で見ることができる水鳥で、俳人にも、バードウォッチャーにも親しまれている。鳰の特徴は、言うまでもなくその潜水能力にある。鴨たちが寝ている間も、せっせと水に潜…

おすすめ記事

  1. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  2. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  3. 【秋の季語】新酒/今年酒
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  5. 【冬の季語】探梅

Pickup記事

  1. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 全国・俳枕の旅【第72回】 松山・石手寺と篠原梵
  4. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  5. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
PAGE TOP