突っ走る

  1. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の頃の電車は突つ走る)波多野爽波『湯呑』前回は星野立子の〈電車いままつしぐらなり桐の花〉について書いたが、今回も、走る電車をモチーフとした初夏の句を取り上げたい。モチーフも季も同じなのに…

おすすめ記事

  1. 目薬に涼しく秋を知る日かな 内藤鳴雪【季語=秋(秋)】
  2. 夏つばめ気流の冠をください 川田由美子 【季語=夏燕(夏)】
  3. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  4. 【冬の季語】雪野
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第26回】千倉由穂

Pickup記事

  1. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  2. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  3. 【夏の季語】鮎
  4. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  5. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
PAGE TOP