1991年没

  1. 大金をもちて茅の輪をくぐりけり 波多野爽波【季語=茅の輪(夏)】

    大金をもちて茅の輪をくぐりけり波多野爽波『骰子』所収 昭和五十九年友人に強く勧められた一冊の本がある。山口昭男著の『波多野爽波の百句』(ふらんす堂)だ。波多野爽波という俳人の名前は聞いたことあるな、…

  2. 葉桜の頃の電車は突つ走る 波多野爽波【季語=葉桜(夏)】

    葉桜の頃の電車は突つ走る)波多野爽波『湯呑』前回は星野立子…

おすすめ記事

  1. ハフハフと泳ぎだす蛭ぼく音痴 池禎章【季語=蛭(夏)】
  2. 煮し蕗の透きとほりたり茎の虚 小澤實【季語=蕗(夏)】
  3. 七十や釣瓶落しの離婚沙汰 文挾夫佐恵【季語=釣瓶落し(秋)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  5. 【夏の季語】万緑

Pickup記事

  1. キャベツに刃花嫁衣裳は一度きり 山田径子【季語=キャベツ(夏)】
  2. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  3. 【秋の季語】渡り鳥
  4. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  5. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
PAGE TOP